FC2ブログ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
ニコニコ動画やYouTubeに酷道の車載動画をうpしている人
E-Mail:drive.junkie@gmail.com
Twitter:@drive_junkie
プロフィールの詳細はこちらのページで!
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブログの更新ができてなかったので、まとめてその17,18の報告です。

その17
ニコニコ動画版


YouTube版


その18
ニコニコ動画版


YouTube版




その17は大分県に入ってひたすらr7を下っていきます。鉱山跡まで来ると結構人が住んでそうな雰囲気ですがほとんど住んでないようです。以前の映像と比較すると家がまるごと無くなっていたり、前は住んでたのに今は住んでなさそうに見える家があったりしますよね。
でも、バス停は以前の↓木製のものから新しくなったようです。



あと、当然ではあるのですが、ヘリの着陸地点は航空写真でもバッチリ見えます。年代が経つと紋章になったりしないですかね。



その18はのんびりと迂回するつもりでしたが、r688が意外に強敵でした。
狭くなって最初に橋を左折する時点で大変な道に来ちゃったなと感じましたが、謎のクネクネ2車線区間など変化がありすぎですよね。

なお、r688に出る手前、立派な林道が終わるトコを左折するとこんな場所に出ます。
見えてる橋はNo.2の出会橋、そして通っている橋がNo.1の轟橋です。下から見上げてみたいですね。


さて、次回は『迂回の迂回』に入ります。諦めても良かったのですが、やっぱりこの先の目的地には行きたくて、さらに険道を進みます。

スポンサーサイト



10/20(日)のことになりますが、その16をうpしました。

ニコニコ動画版


YouTube版




やっと宮崎県を抜けることができました。宮崎県内は大型車と絡むことがとても多かったですね。

さて、r7の県境へ上る区間ですが


地理院地図の1974~1978年の空中写真を見ると道が見えないので、この後に作られたもののようです。結構若い道になるのですが、いつごろ作られたのでしょうね?

さて、本編のほうを進めたいと思います。
ということで、その15をうpしました。

ニコニコ動画版


YouTube版




まずは、8ヶ月も投稿が空いてしまってごめんなさい。
多忙な点はあまり変わってないのですけど、計画的に編集作業を進めていきたいと思っています。

後半戦の最初はr7で宮崎県から大分県へ県境を越えるのですが、r7は途中まで整備された道が続きます。
↓このあたりまでは2車線(一部センターラインが無い部分が今もあると思いますが)。

この先もセンターラインは無くてもそれなりに広い道が続くので、岩戸川の対岸を通るr204,r207を選びました。

その対岸ルートですが、r237からr204に入ってトンネルが続く区間がすごいですね。よくこんなトコに道を作ったなぁ、と。
ちなみに、4つあるトンネルのうち真ん中の2つ(大平第1,第2)は他の2つより後にできたようです。
↓それまでは崖の上に迂回していたみたいですね。


さて、次回は少し戻って対岸に渡り、r7で県境を目指します。

8ヶ月ぶりに動画を投稿しました。
ひとまず、2018年の旅まとめ動画です。

ニコニコ動画版


YouTube版


酷道ラリーの続きもあるのですが、まずはこれを投稿しないと... 投稿しないでいると2020年になってしまいそうで。
2018年のまとめはほぼ九州と北海道で占めてしまいました。走り始めたばかりの酷ラリ2号をどこに連れて行くかということで、まずは九州と北海道には連れて行こう、と。特に九州はGW+1週間の休みでまるまる2週間をノンビリと旅してましたし、北海道は相変わらず移動距離が長いですが、北海道胆振東部地震の直後ということで余裕を持った旅程にしたおかげでノンビリできましたし。

まとめ動画では通った都道府県に印を付けていっているのですが、行っていない都道府県として、沖縄県は置いとくとして、和歌山県が浮いてますね... たしか、2018年のGWに大阪南港から志布志港に行く前にかすめた(京奈和自動車道で橋本ICからR371)気がするのですが、記録がまったくないので除外しています。今年ももう行く予定はないので、2020年にお預けになりそうです。

なお、「そして2019年」のあとの2つのシーン、1つは青森県の酸ヶ湯温泉、もう1つはR6上り方向の帰還困難区域へ入るトコです。狙ったわけではないのですが、R6の規制区間はちょうど平成から令和に変わる時に通ってました。

さて、このあとは2週間に1回ペースから徐々に従来の1週間に1回ペースに上げていく形で、酷道ラリーの続きを投稿しようと考えています。次のネタが腐らないうちにゴールしたいですね。

9/7-8に行われた「2019.9.7 第23回秋の車載オフ in 根尾」に参加してきました。

3年半前に行われた「2016.05.28 第16回初夏の車載オフ in 根尾」と同じ会場。つまり1回経験のある会場で前回も参加された方々は勝手がわかっている感じの流れ?のはずでしたが...

暑すぎた!!

暑さが大変だった状況はTwitterの#syasaioff23タグを参考にしていただければと。
朝の時点でアナウンスされた「暑いので命を守る行動をしてください!」が、実はフラグだったのではないかと思います。

20190916-1.jpg

午前中は恒例の「車載クルーズ」を行いました。元ネタは「ニコ生クルーズ」ですが、止まっている車(+車載装備)を見て回る、近くにオーナーさんがいたら捕まえて語ってもらう、自由参加でオーナーさんとさらに話をしたいなら降りるのも自由というイベントです。



今回も20台ぐらいの車を見て回りました。以下2枚の写真はそれぞれ車載クルーズの一場面。今回はボンネットを開けてる場面が結構多かった気がします。
20190916-2.jpg
20190916-3.jpg

そして、クルーズ中にもかかわらず、のがなさんに呼ばれまして「ファ!??イベント中なのだけど!???」と思いながら顔合わせをしたのが「TEAM酷道」主宰のよごれんさん。黎明期(?)から「TEAM酷道」のサイトを立ち上げており、いろいろと参考にさせていただいていました。動画だとずーっと見てないと注目する場面が出てこないのですが、写真がメインだと注目したい場面がすぐに出てくるというか一覧性が良いですよね。という話をしましたが、イベント中だったもので個人的に話したいことはそこそこにイベントのほうで車のオーナーさんとして参加していただきました。

20190916-4.jpg

今回のオーナーさんへ共通の質問は
 「オフ会の行き帰りで大きな寄り道イベントは?」
でしたが、最も衝撃的だった回答は
 「来るときコンビニ寄ったらエンジン動かなくなった」
でした。バッテリーを交換した直後だったのだけど接続部分が外れてた。ということで、積んでた工具で直してオフ会に来た、という話でした。ホントは、酷い道を通るとか、良い景色を見るとか、美味しいごはんを食べるとか、そんな話が聞きたかったわけですが、斜め上を行くのはやっぱり車載オフだからでしょうか。

なお、車載オフ中に聞こえてきた「名言」をTwitterに投稿してたりしますが

を補足すると、貸したのはAT車なのに戻ってきたら改造されてMT車になっていた、ということです(架空の話で実際に改造されてた話ではありません)

午後(オフ会のメインイベント)はあまり記憶が残ってません... 暑かった... ひたすら、暑かった...
ボチャマーじゃんけんでファイナリストとして前に出ることになったときは冷や汗がプラスされてさらに大量の汗が...

夜の部はおいしいお酒を飲みながらいろいろ語りつつ、楽しく過ごさせていただきました。地図部屋、鉄道部屋も楽しかったし、ドール部屋はいい香りがしたし。


最後に気になったのは酒部屋で話してた

ですね。百井別れだけでないですが、切り返しが必要な場面にも対応できるのかは気になります。

そして翌日。関東に戻ってくることなく西へ。


四国の最西端・最東端をめぐり



約1週間後に帰ってきたのでした(詳しくはtwitterのタイムラインを参照ということで)。


毎回ほんとにオフ会を主催されている方々には感謝しています。
今回少しではありますが、よごれんさんとお話できたこともとても嬉しかった出来事でした。

さて、肝心な動画ですが、「2018年旅まとめ」の動画制作が半分ぐらい進んでます。ホントは四国から帰宅後に編集する時間があるはずだったのですが、台風15号の影響で千葉の実家に帰ったりしてたので進みませんでした。
あ、その前に四国での成果をTwitterにアップするのも残ってますね...

次のページ