カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
ニコニコ動画やYouTubeに酷道の車載動画をうpしている人
E-Mail:drive.junkie@gmail.com
Twitter:@drive_junkie
プロフィールの詳細はこちらのページで!
携帯百景
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
その3をうpしました。
今回でゴールになります。

ニコニコ動画版


YouTube版




冬の会津大塩駅を除き、無事各駅に停車できました。
冬は仕方ないとしても、夏はどの駅も草刈りして維持されているようですね。

でも、復旧できるかというと、一筋縄ではいかない感じ。当初の復旧費用は85億円、2016年9月の試算では資材費の高騰で108億円になっています。一方で、東日本大震災で被災した区間のJR山田線沿岸部は復旧費用210億円のうち140億円をJR東日本が負担しますが、三陸鉄道への移管が決まってます。また、盛岡~宮古も12/9に一部区間が復旧、全区間復旧は来年秋頃のようです。
12/4で留萌本線の一部区間が廃止、三江線も2018年3月で廃止と暗い話題ばかりですが、山田線は復旧する方向。この辺に何かヒントがあるのかもしれませんね。

今回の動画では、東北きりたんさんにナレーションを依頼しました。かなりリーズナブルなお値段でこのクオリティ。この先、アナザーな動画でさらにお世話になる方向で考えてます。素朴なナレーションにピッタリな感じなんですよね。「行ってみていろいろ勉強してきたレポートです」という雰囲気の音声になるのが、感覚的にちょうど良いのです。

さて、次回は本来の仕事に戻る予定です。車載オフの前に寄り道した、あの辺をうpする予定です。




スポンサーサイト
只見線その2をうpしました。

ニコニコ動画版



YouTube版




今回は会津大塩駅が興味深いですよね。
通学定期利用者のためか、被害後最初に代行バスが走ったのはこの駅から会津川口方面。wikipediaによると8/26から運行とあるので、学校の夏休み明けからでしょうか。

2010年度の利用状況については、JR東日本が仮に復旧するとした場合の安全対策費用と工期等について関係者に説明した資料を参考にしています。また、この資料には被災した4つの只見川橋梁の被害状況も記載されていて、どれだけ大きな被害だったのかもわかります。また、この資料を見ると只見から小出方面へ通勤定期4人、通学定期7人の利用者がいたようで、ちょっと意外です。確か、早朝・深夜に只見駅を発着する列車は冬期運休で手前の大白川までのはずでしたよね。

動画の話に戻ると、会津大塩駅はまさかの冬期通過。廃止された田子倉駅を思い出してしまいました。田子倉駅は只見駅のもう1つ先(小出方面)にあった駅で、周辺に住んでいる人はおらず登山客向けの駅。駅前を通るR252も冬季閉鎖区間内ということで、冬は全列車が通過していたのです。

で、Google Mapのストリートビューをチェックしてたら会津大塩駅のそばに墓地があるのが見えました。冬はどうなってるんでしょうね。。。


次回こそ(?)、只見駅に到着です。


今回は旅のレポートをうpしました。

ニコニコ動画版


YouTube版




福島県・新潟県を走るJR只見線のえきめぐり。2011年7月の豪雨被害で只見川渡る橋梁が流失して運休のままになっている区間です。
景色や橋梁を走る列車の写真を見て、いつか只見線に乗ってみたいと思っていたのですが、肝心な区間が運休のまま。ということで、夏バージョン・冬バージョンを計画して駅を巡ってきました。撮影した時期はちょっと前になりますけどね。

スタッドレスタイヤを持っていないので、冬バージョンはレンタカー。マーチはダッシュボードの窪みがある場所にビデオカメラをそのまま置けることに気付いてから、レンタカーで撮影するときは車種ご指名だったりします(ので、このクラスで最近の他の車種がどうなのかよくわかりません)。

各駅とも駅の周辺は草刈りされていて、夏バージョンの駅周辺はきれいですよね。さすがに待合室は板張りされて入れなくなってますけど。

今回の区間では会津越川駅が一番やっかいでした。行けばわかるだろうと、夏バージョンは下調べせずに駅に行こうとして迷ってしまってます。まぁ、地図を見ても道がありそうということしか、わからないですけどね...



そして、今回の動画では試しに文字読み上げソフトVOICEROIDを使ってみました。落ち着いた声ということで、結月ゆかりさんと東北きりたんさんが候補だったのですが、東北つながりで東北きりたんさんに。イラストや設定はちょっとアレですが(^^; 聞きやすく表現も豊かで扱いやすい気がします(と言っても、他のVOICEROIDさんは使ってないのですが)。

次回は会津大塩駅から。各駅に停車。。。する。。。はず。。。


その4をうpしました。今回でゴールになります。

ニコニコ動画版


YouTube版




最後はボーナスステージ。まったり先端まで観光する回でした。これまで何度も北海道には上陸してますけど、この景色は初めて。いろいろあってスタッフさんを連れて行けなかったので今度北海道へ行くときに再び訪れたいスポットになりました。

あ、ダイジェストですが、最近対応が始まったニコニコ動画のHTML5版でコメントを拾ったので以前と雰囲気が違うと思います。
あと、ニコニコ動画ではダイジェストのシーンで投稿されたコメントのデフォルトを黄色にして、動画上のコメントと区別していたのですがHTML5版ではその設定がよくわからなかったので、そのまま投稿しています。。。

さて、今回のルート、Google Mapの航空写真(Google Earth)を見てビックリでした。

↓の2枚は両方向から道を掘っている重機が見えます。




↓先端部分。道路の部分が完全に埋まってますよね。。。


時期はわからないのですが、海抜2-3m程度の場所なので大時化になると埋もれてしまうのでしょうか。。。
今回、台風通過後だったので、通れて良かったです。

さて、車載オフのために最後のうpが遅れてしまいましたが、車載オフに行く途中に撮影した動画が次のネタになる予定です。
でも、その前に1つ何か入るかも。。。まだこれから編集を始めるのでボツになっちゃうかもしれませんけどね(^^;

週末に富山県南砺市で行われた 第17回秋の車載オフ in 南砺 に参加してきました。
ので、えっと、道東ダート巡りのその4はもう少し先になります。

さて、車載オフですが今回もとても天気が良くて日中はかなり暑かったです。
その一方、風が強くて日が陰ると気温が下り、イベントの後半は結構凍えそうになってたりしました。さすがは北陸のスキー場。この記事を書いているときはもう雪が降っているようで、開催日が絶妙にギリギリ雪にならないタイミングだったようです。

写真はお昼時の会場。このあとも何台か車が増えてます。
20161107.jpg

恒例のビンゴ大会は、景品として16GBのmicro SDカードをいただきました。とりあえず、スマホに入れてみようかなと。写真とか動画とかはデジカメを使うのでスマホに大きなデータを置くことがほとんどなく、スマホのメモリカードスロットは空いたままでしたので。

そして、いつものように夜の部屋割りは「飲み部屋」です。今回は各部屋がコテージ(上の写真の赤い屋根の建物)だったので部屋の移動がちょっと遠かったのと、どこが何部屋かよくわかってなかったことで、巡回したのは鉄道部屋の1つだけ(^^;

20161107-2.jpg

あとは、飲み部屋でまったりしてました。



ところで、今回も午前中に開催したイベント「車載クルーズ」ですが、話を聞くといろいろおもしろいですね。
前回から、車変わっちゃった人から、全然変わってない人、まぁ半年もたてば少なくとも何らかの整備をしているわけで、毎回話のネタには事欠かない感じです。そして、クルーズに参加された中にオフ会初参加の人が数名いらっしゃったのが新鮮でした。今後もオフ会の前座(?)として、いろいろときっかけを作る足掛かりとして、続けていけたらいいなと思っています。



さて、オフ会の帰りはちょっと早めに出て、まっすぐ帰ってきてしまいましたが、オフ会の前は...
11/3が休日ということで、11/4をお休みにして4連休。オフ会の前の2日間は富山・石川の険道を散策してました。
そのおかげでオフ会にはどろんこの状態で参加することに。会場に到着すると、どろんこの車を見て大爆笑されていた気がします。



前日に洗車しようか迷っていたのですが、洗車する機会がなかったので開き直ってそのまま会場へ。
でも、それだけでは単に汚れた車というだけになりそうなので、2日間でどこを走ってきたのかGoogle Mapでコースを描き、そのURLをQRコードにした紙をワイパーに挟んでました。

富山県のコースは通行止め区間が悩みで、石川県のコースは分断区間をどう迂回するかが焦点。でも、予期できない大きなトラブルもなく意外と通れてしまった感じがあります。とりあえず、冬のオフシーズン中の動画ネタは確保できた感じでしょうか。







今回もとても楽しいオフ会でした。いろいろな方にお世話になり、ありがとうございました。

さて、次回のオフ会は来年の3/11(土)に静岡県伊東市の予定だそうで、関東から近めなのがちょっとうれしいとこです。

次のページ