カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール
ニコニコ動画やYouTubeに酷道の車載動画をうpしている人
E-Mail:drive.junkie@gmail.com
Twitter:@drive_junkie
プロフィールの詳細はこちらのページで!
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ようやく1つ動画をうpしました。

ニコニコ動画版


YouTube版


今回は、車載オフの後に行った長崎の橋巡り。
一応、車が通れる橋のほとんどをカバーしたつもりですが、本土と近すぎて島っぽくない針尾島と南串島の橋はサボってます。

雨なのは仕方ない... というか、熊本からフェリーで雲仙に入った前日まではいい天気だったのですけどね。
台風18号が近づいてきて悪天候になってしまいました。



スポンサーサイト
その10をうpしました。

ニコニコ動画版


YouTube版




車載オフの準備などで遅くなってしまいました。
今回はほぼ移動回、井波の中心部付近しか狭い場所が無いのが悩みでしたが、南側は1000m以上の山でR304五箇山トンネルしか(国道・県道としては)道が無いですし、仕方ないですね。

動画中でr291からr292に左折した場所、r291を進むとこんな農道っぽい道になります。狭い区間は短いですけど、どうしてここを県道指定したの?という感じですよね。


次回はr10を進みゴールとなります。r10は富山県と石川県を結ぶ最南端の県道なのですが、県境付近は結構いい雰囲気の道なのです。
Part 35をうpしました。

ニコニコ動画版


YouTube版

“Red Signal 50 Course 7-11~赤信号50回stopでどこまで行けるかやってみよう Part 35”の続きを表示する
3連休の前半を使って山形へ行ってきました。

肘折温泉。一部の人はピンとくる温泉です。

より大きな地図で 肘折温泉 を表示

上の図の赤マークが肘折温泉。R458のここから南側は未舗装区間の残る酷道ですね。
ですが、R458の赤い区間は去年7月に崩れてから通行止になっています。復旧工事を行っているものの今年は11月28日まで通行止ということで、恐らくそのまま冬季閉鎖になるでしょう。来年は通れるのかな?
携帯百景(ケイタイヒャッケイ)

また肘折温泉へ向かうルートの1つである山形r57ですが、こちらも赤線部分が通行止めです。ただ、こちらは今年の10月24日まで閉鎖ということでした。もっとも、↓の写真を見ただけだと、これが主要地方道だとは思わないでしょうけど(^^;
携帯百景(ケイタイヒャッケイ)

r57の迂回路が青い道ですが、r331の迂回部分のほとんどが狭くて見通しの悪い1車線の道です。雑草も伸び放題ですし、谷を越えるために結構な急坂があったりします。その一方でr331ではない部分は2車線。やっぱり雑草が伸び放題なので少し狭くなってますが、とっても快適でした。

さて、地図の黄色のマーカーの部分ですが、ループ橋になっています。
携帯百景(ケイタイヒャッケイ)

この橋を作ることになったきっかけは2012年4月の地滑りによる通行止。地図で見ると標高差が40mもある崖なんですね。


肘折温泉へはR458を新庄方面から来てこの崖を下るこのルートが一般的ですし(もう1つのr57は↑の写真のような区間もある道ですし)、特に冬はこの道が唯一のルートでした。
ということで復旧工事の結果、2012年12月31日に仮設のループ橋ができました。そして雪解け後に再び通行止にして本工事。2013年の冬に間に合う形で開通となりました。仮設で冬を乗り切ったあとに再度通行止めにして本工事というのは、雪国ならではですね。

このループ橋(肘折希望大橋)の詳細は山形県のサイトの以下に詳細があります。
肘折希望大橋ができるまで ~地すべりに伴う道路災害復旧工事~
http://www.pref.yamagata.jp/kurashi/kendo/doro/7180035hijiori.html


Part 31をうpしました。

ニコニコ動画版


YouTube版

“Red Signal 50 Course 7-11~赤信号50回stopでどこまで行けるかやってみよう Part 31”の続きを表示する
Part 26をうpしました。

ニコニコ動画版


YouTube版


“Red Signal 50 Course 7-11~赤信号50回stopでどこまで行けるかやってみよう Part 26”の続きを表示する
ブログに書くのが遅くなってしまいましたが、その4をうpしました。
今回はコース9のスタートです。

ニコニコ動画版


YouTube版


今回の進み具合はどうなんでしょう?
碁盤目状の道から桂川を越えた先のほうが止まってますね。
でも、碁盤目の部分であまり止まらかったのは評価できるかと思います。

さて、動画内で書いたR162の渋滞はこんな感じでした。
20140318-1.jpg

渋滞していない時は連動して良いと思いますが、こうなってしまうと全然進まないんですよね(:_;)
1回の青信号で0~3台ぐらいしか進まなくて渋滞を越えるのに1時間近くかかったと思います。

日本科学未来館で開催中の『THE 世界一展』に行ってきました。

「世界でナンバーワン、オンリーワンの価値をもつ技術と文化」ということでさまざまなジャンルのものが展示されています。

伊勢神宮、カップヌードル、食品サンプル、今治タオル、プラレール、インクジェットで基板作成、MRJなどなど。
特に、最後の3Dシアターで新幹線(JR東日本)の旅や、細かいものを作る系が楽しめました。

交通・街関係の展示(展示に夢中になってて写真ほとんど撮ってなかった)
20140201-1.jpg

この企画展以外にも常設展示がこれまた楽しめました。

しんかい6500の中に入れたり
20140201-2.jpg

インターネット物理モデルというナゾなものがあったり(立体駐車場の導入路みたいなのがルータかな?)、
20140201-3.jpg

DNA/医療関係はもう理解の限度を越えてたり…

意表を突かれて笑っちゃったのが、このBook Marimba. お、O'Reillyの本ががががが。
20140201-4.jpg

2~3時間で回れるのかなと思ってましたが、ボリュームが大きすぎました。全部見て回ると丸一日かかりそうです。
また、予想してたほど混んでなかったのも良かったですね。




さて、日本科学未来館へ行くには、ゆりかもめやバスの選択肢がいろいろありますが、行きに乗ったのは都営バスの「波01出入」系統。
20140201-5.jpg

この系統は、「波01」系統へ車庫から「出入」するための路線でとっても本数が少ないです。
20140201-6.jpg

また、都営バスの路線図に載ってなかったり、品川駅港南口にあるバス乗り場の案内にも載ってなかったりします(7番のりばから出発)。

ルートをMy Trackで記録したら、なんかひどい酔っぱらいみたいになってましたが、レインボーブリッジを通って綺麗な景色を見ながら行けるなかなか良いコースでした。

より大きな地図で 波01出入系統 を表示
遅くなりましたが、その5をうpしました。

ニコニコ動画版


YouTube版


気温が急に下がったためか先週末にカゼをひいてしまい、うpが遅くなりました。

バスが折り返す江原地区ですが、地図の等高線を見るとかなりデコボコしてることがわかります。
太い道がr239であまり高低差が無いところを走ってますが、集落は窪地の一番低いトコにある感じですね。
2011026-2.jpg

ところで、タイトルの写真は↓の写真を加工したものです。
20131026-1.jpg

看板を右に伸ばしてそれっぽくテキストを入れただけ。
最初はこの写真のままタイトルを入れようとしたのですが、タイトルと看板が重なってしまうんですよね。悩んだ挙句に、看板をいじっちゃえ、と。
そもそも、後半はヘキサをあまり撮らなかったため、タイトルのネタ切れに陥っているのが問題なのです。
昨日はン年ぶりだかわからないけど、久しぶりにスキーに。全身筋肉痛です…
20130223-1.jpg



先週と今日、旅行関係の動画をうpしてます。

7つの島を巡る~安芸灘とびしま海道 Part 1




7つの島を巡る~安芸灘とびしま海道 Part 2




広島・愛媛にまたがって7つの橋で結ばれている島々です。8つ目の橋がかかれば陸路で通りぬけられることになるのですが、今のところまだ8つ目の橋は計画段階。往復するのもアレなので今治港からフェリーで渡りました。
フェリーは予約不可なので、出発1時間ぐらい前に港に着くようにしました。だいたい出発20~30分前には満車になっていたようです。

想定外だったのが船の揺れです。天気が不安定なのはわかってたのですが、瀬戸内海でもこんなに揺れるとは… 何かに掴まってないと歩くことも困難な揺れでした。

Part 2の展望台も衝撃でしたね。道の悪さもありますが、まさかの倒木。いつから倒れてたんでしょうね。それほど人が来ないのかな… まさか、あの木がどけられているかで交通量調査してたり?
ナビにも持っていった地図にも道が記載されておらず看板だけが頼り。展望台からの下りはカンで曲がった道の先があんな状態でした(^^;
次のページ