FC2ブログ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
ニコニコ動画やYouTubeに酷道の車載動画をうpしている人
E-Mail:drive.junkie@gmail.com
Twitter:@drive_junkie
プロフィールの詳細はこちらのページで!
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
9/7-8に行われた「2019.9.7 第23回秋の車載オフ in 根尾」に参加してきました。

3年半前に行われた「2016.05.28 第16回初夏の車載オフ in 根尾」と同じ会場。つまり1回経験のある会場で前回も参加された方々は勝手がわかっている感じの流れ?のはずでしたが...

暑すぎた!!

暑さが大変だった状況はTwitterの#syasaioff23タグを参考にしていただければと。
朝の時点でアナウンスされた「暑いので命を守る行動をしてください!」が、実はフラグだったのではないかと思います。

20190916-1.jpg

午前中は恒例の「車載クルーズ」を行いました。元ネタは「ニコ生クルーズ」ですが、止まっている車(+車載装備)を見て回る、近くにオーナーさんがいたら捕まえて語ってもらう、自由参加でオーナーさんとさらに話をしたいなら降りるのも自由というイベントです。



今回も20台ぐらいの車を見て回りました。以下2枚の写真はそれぞれ車載クルーズの一場面。今回はボンネットを開けてる場面が結構多かった気がします。
20190916-2.jpg
20190916-3.jpg

そして、クルーズ中にもかかわらず、のがなさんに呼ばれまして「ファ!??イベント中なのだけど!???」と思いながら顔合わせをしたのが「TEAM酷道」主宰のよごれんさん。黎明期(?)から「TEAM酷道」のサイトを立ち上げており、いろいろと参考にさせていただいていました。動画だとずーっと見てないと注目する場面が出てこないのですが、写真がメインだと注目したい場面がすぐに出てくるというか一覧性が良いですよね。という話をしましたが、イベント中だったもので個人的に話したいことはそこそこにイベントのほうで車のオーナーさんとして参加していただきました。

20190916-4.jpg

今回のオーナーさんへ共通の質問は
 「オフ会の行き帰りで大きな寄り道イベントは?」
でしたが、最も衝撃的だった回答は
 「来るときコンビニ寄ったらエンジン動かなくなった」
でした。バッテリーを交換した直後だったのだけど接続部分が外れてた。ということで、積んでた工具で直してオフ会に来た、という話でした。ホントは、酷い道を通るとか、良い景色を見るとか、美味しいごはんを食べるとか、そんな話が聞きたかったわけですが、斜め上を行くのはやっぱり車載オフだからでしょうか。

なお、車載オフ中に聞こえてきた「名言」をTwitterに投稿してたりしますが

を補足すると、貸したのはAT車なのに戻ってきたら改造されてMT車になっていた、ということです(架空の話で実際に改造されてた話ではありません)

午後(オフ会のメインイベント)はあまり記憶が残ってません... 暑かった... ひたすら、暑かった...
ボチャマーじゃんけんでファイナリストとして前に出ることになったときは冷や汗がプラスされてさらに大量の汗が...

夜の部はおいしいお酒を飲みながらいろいろ語りつつ、楽しく過ごさせていただきました。地図部屋、鉄道部屋も楽しかったし、ドール部屋はいい香りがしたし。


最後に気になったのは酒部屋で話してた

ですね。百井別れだけでないですが、切り返しが必要な場面にも対応できるのかは気になります。

そして翌日。関東に戻ってくることなく西へ。


四国の最西端・最東端をめぐり



約1週間後に帰ってきたのでした(詳しくはtwitterのタイムラインを参照ということで)。


毎回ほんとにオフ会を主催されている方々には感謝しています。
今回少しではありますが、よごれんさんとお話できたこともとても嬉しかった出来事でした。

さて、肝心な動画ですが、「2018年旅まとめ」の動画制作が半分ぐらい進んでます。ホントは四国から帰宅後に編集する時間があるはずだったのですが、台風15号の影響で千葉の実家に帰ったりしてたので進みませんでした。
あ、その前に四国での成果をTwitterにアップするのも残ってますね...

スポンサーサイト



ブログの更新が遅くなってしまいましたけど、その6・その7をうpしました。

ニコニコ動画版
その6


その7


YouTube版
その6


その7


その6ではR429で一番標高の高い高野峠を越え、その7でとりがたわ道路の旧道区間を通ります。

その6の高野峠へ向かう途中の看板がずっと気になってたりします。映像では看板は1枚でしたがストリートビュー(2013年撮影)では2枚ありますね。バックミラー(2009年撮影)でも2枚あったことがわかります。


少し手前にも同じような看板があるので、観光名所案内的なものでしょうか。それにしても、ネット上に情報が無いので矢印の先に何があるのか気になってます。

その7で紹介したr520の立派な道はこんな感じ。結構できてる感じですね。


すぐ左(西側)にr520が途切れる地点があるのですぐにでも接続できそうなのですが、南のほうにこの道をたどっていくと急に途切れる場所の先からr520と表示されます。



ストリートビューもさらに南へ1km進まないと見られないような道の状態なので、この区間も整備しないと通れるようにならないのかもしれません。

さて、宍粟(しそう)市のバスですが、2015年11月2日から路線を拡大するという告知がWebに残っていました。

宍粟市の路線バス(11月2日再編)
http://www.city.shiso.lg.jp/soshiki/machizukuri/shiminnkyoudou/tantojoho/kokyokotu/1490083248211.html

興味深いのはこのページが更新されていて、「平成28年度、平成29年度小型バス利用状況(PDF:236.7KB)」というリンクがあることです。興味深い内容というのは:

  運行日数が100日前後、運行便数が600便前後という路線が多いけど、これは週2回、3往復している路線(週6便)
  1人が週1回通院などで往復利用すると「1便あたりの利用者数」は、利用者のべ2人÷週の便数6便=0.16

ということで、これよりも「1便あたりの利用者数」が少ない路線が結構あったりします。
通院が2週に1回でいいのかな?とか、利用者が2人いてそれぞれ通院は1ヶ月に1回なのかな?とか、それ以外のイレギュラーな需要を掘り起こそうとしている?とか、そんな路線も維持している宍粟市がんばってる?とか、いろいろ考えてしまいます。

次回は志引峠を越えてゴールする予定です。これでアコードでの酷道ラリーは最後の動画になります。

ようやく1つ動画をうpしました。

ニコニコ動画版


YouTube版


今回は、車載オフの後に行った長崎の橋巡り。
一応、車が通れる橋のほとんどをカバーしたつもりですが、本土と近すぎて島っぽくない針尾島と南串島の橋はサボってます。

雨なのは仕方ない... というか、熊本からフェリーで雲仙に入った前日まではいい天気だったのですけどね。
台風18号が近づいてきて悪天候になってしまいました。



その10をうpしました。

ニコニコ動画版


YouTube版




車載オフの準備などで遅くなってしまいました。
今回はほぼ移動回、井波の中心部付近しか狭い場所が無いのが悩みでしたが、南側は1000m以上の山でR304五箇山トンネルしか(国道・県道としては)道が無いですし、仕方ないですね。

動画中でr291からr292に左折した場所、r291を進むとこんな農道っぽい道になります。狭い区間は短いですけど、どうしてここを県道指定したの?という感じですよね。


次回はr10を進みゴールとなります。r10は富山県と石川県を結ぶ最南端の県道なのですが、県境付近は結構いい雰囲気の道なのです。
Part 35をうpしました。

ニコニコ動画版


YouTube版

“Red Signal 50 Course 7-11~赤信号50回stopでどこまで行けるかやってみよう Part 35”の続きを表示する
3連休の前半を使って山形へ行ってきました。

肘折温泉。一部の人はピンとくる温泉です。

より大きな地図で 肘折温泉 を表示

上の図の赤マークが肘折温泉。R458のここから南側は未舗装区間の残る酷道ですね。
ですが、R458の赤い区間は去年7月に崩れてから通行止になっています。復旧工事を行っているものの今年は11月28日まで通行止ということで、恐らくそのまま冬季閉鎖になるでしょう。来年は通れるのかな?
携帯百景(ケイタイヒャッケイ)

また肘折温泉へ向かうルートの1つである山形r57ですが、こちらも赤線部分が通行止めです。ただ、こちらは今年の10月24日まで閉鎖ということでした。もっとも、↓の写真を見ただけだと、これが主要地方道だとは思わないでしょうけど(^^;
携帯百景(ケイタイヒャッケイ)

r57の迂回路が青い道ですが、r331の迂回部分のほとんどが狭くて見通しの悪い1車線の道です。雑草も伸び放題ですし、谷を越えるために結構な急坂があったりします。その一方でr331ではない部分は2車線。やっぱり雑草が伸び放題なので少し狭くなってますが、とっても快適でした。

さて、地図の黄色のマーカーの部分ですが、ループ橋になっています。
携帯百景(ケイタイヒャッケイ)

この橋を作ることになったきっかけは2012年4月の地滑りによる通行止。地図で見ると標高差が40mもある崖なんですね。


肘折温泉へはR458を新庄方面から来てこの崖を下るこのルートが一般的ですし(もう1つのr57は↑の写真のような区間もある道ですし)、特に冬はこの道が唯一のルートでした。
ということで復旧工事の結果、2012年12月31日に仮設のループ橋ができました。そして雪解け後に再び通行止にして本工事。2013年の冬に間に合う形で開通となりました。仮設で冬を乗り切ったあとに再度通行止めにして本工事というのは、雪国ならではですね。

このループ橋(肘折希望大橋)の詳細は山形県のサイトの以下に詳細があります。
肘折希望大橋ができるまで ~地すべりに伴う道路災害復旧工事~
http://www.pref.yamagata.jp/kurashi/kendo/doro/7180035hijiori.html


Part 31をうpしました。

ニコニコ動画版


YouTube版

“Red Signal 50 Course 7-11~赤信号50回stopでどこまで行けるかやってみよう Part 31”の続きを表示する
Part 26をうpしました。

ニコニコ動画版


YouTube版


“Red Signal 50 Course 7-11~赤信号50回stopでどこまで行けるかやってみよう Part 26”の続きを表示する
ブログに書くのが遅くなってしまいましたが、その4をうpしました。
今回はコース9のスタートです。

ニコニコ動画版


YouTube版


今回の進み具合はどうなんでしょう?
碁盤目状の道から桂川を越えた先のほうが止まってますね。
でも、碁盤目の部分であまり止まらかったのは評価できるかと思います。

さて、動画内で書いたR162の渋滞はこんな感じでした。
20140318-1.jpg

渋滞していない時は連動して良いと思いますが、こうなってしまうと全然進まないんですよね(:_;)
1回の青信号で0~3台ぐらいしか進まなくて渋滞を越えるのに1時間近くかかったと思います。

日本科学未来館で開催中の『THE 世界一展』に行ってきました。

「世界でナンバーワン、オンリーワンの価値をもつ技術と文化」ということでさまざまなジャンルのものが展示されています。

伊勢神宮、カップヌードル、食品サンプル、今治タオル、プラレール、インクジェットで基板作成、MRJなどなど。
特に、最後の3Dシアターで新幹線(JR東日本)の旅や、細かいものを作る系が楽しめました。

交通・街関係の展示(展示に夢中になってて写真ほとんど撮ってなかった)
20140201-1.jpg

この企画展以外にも常設展示がこれまた楽しめました。

しんかい6500の中に入れたり
20140201-2.jpg

インターネット物理モデルというナゾなものがあったり(立体駐車場の導入路みたいなのがルータかな?)、
20140201-3.jpg

DNA/医療関係はもう理解の限度を越えてたり…

意表を突かれて笑っちゃったのが、このBook Marimba. お、O'Reillyの本ががががが。
20140201-4.jpg

2~3時間で回れるのかなと思ってましたが、ボリュームが大きすぎました。全部見て回ると丸一日かかりそうです。
また、予想してたほど混んでなかったのも良かったですね。




さて、日本科学未来館へ行くには、ゆりかもめやバスの選択肢がいろいろありますが、行きに乗ったのは都営バスの「波01出入」系統。
20140201-5.jpg

この系統は、「波01」系統へ車庫から「出入」するための路線でとっても本数が少ないです。
20140201-6.jpg

また、都営バスの路線図に載ってなかったり、品川駅港南口にあるバス乗り場の案内にも載ってなかったりします(7番のりばから出発)。

ルートをMy Trackで記録したら、なんかひどい酔っぱらいみたいになってましたが、レインボーブリッジを通って綺麗な景色を見ながら行けるなかなか良いコースでした。

より大きな地図で 波01出入系統 を表示
次のページ