カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
ニコニコ動画やYouTubeに酷道の車載動画をうpしている人
E-Mail:drive.junkie@gmail.com
Twitter:@drive_junkie
プロフィールの詳細はこちらのページで!
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
その3をうpしました。

ニコニコ動画版


YouTube版


r360が通れないので前回r26を通ってきました。

熊本県側に抜けるだけならまっすぐr143を進めば良いのですが、ここはやっぱりr360の近くまで戻らないといけないですよね。ということで、R265で輝嶺峠を越えていきました。

10年ぶりの輝嶺峠でしたが、あの赤い岩肌の断崖絶壁に離合困難な道は健在でした。ほとんど変わってないですよね。
途中で道の右側の木が無くなっている場所がありましたが、航空写真で見るときれいに植樹されているようなので伐採されたのでしょうね。一瞬、崩れた跡のように見えますけど。


等高線を見ると改めてこの道が険しい道であることがわかります。どう見ても崖を削って道を作った感じですよね。


あと、サムネイルの画像ですが
youtube3.jpg
「通行可能」のラベルをもう1枚✕交通情報板の数だけ土木事務所で保管していると思いますが、それがすべて使われるときは来るのでしょうか。

さて、次回は輝嶺峠からの下りです。上りがこんな道なら当然下りも。。。

スポンサーサイト
その2をうpしました。

ニコニコ動画版


YouTube版


最初から距離の長いSS区間でしたね。また、ホントにどこを走っているかわからなくなるほど変化が少ない道で、走っているときも後半は少し飽きてきてました。動画左上のマップを編集している時に何度も現在地をロストしましたし...

綾町と小林市の境界はこんな感じ。南側は尾根、北側は谷が境界になってます。といっても周りが見えない谷底の道に何か変化があるわけではなく、小林市の標識を見たときに「え?こんなとこ?」って一瞬固まりました。


それから「綾町南俣」地区の飛び地と周辺地区のナゾ。建物がある周辺だけを囲っているように見えます。


次回は、九州で最強と言える酷道、R265を進みます。まずは、11年前に投稿した動画の素材を探し出すところから、ですね。


酷ラリ2号のデビュー戦。うpしました。

ニコニコ動画版


YouTube版


タイトル画面がすべてを物語っていそうなコース。その1はブリーフィングな感じでその2からが本番です。

最初に断っておきますと、名前負けするグダグダなコースです。
・鹿児島~福岡で「東九州」とすれば完璧だけど、日南~都城(R222)、宮崎~小林(R268)、延岡~高千穂(R218)の間を結ぶコースの接続が難し過ぎて諦めた感じ。
・カメラも買ったばかりで固定するノウハウが貯まってない。
・撮影に2日間確保してましたが、翌日がすんごい豪雨になる予報だったので無理やり1日で走れるトコを走ってるので、いろいろ調査不足。
↓翌日



ということで、久しぶりに何が起こってもおかしくないコースでした。

このコース、予告動画?でも触れましたが、椎葉を通るとしたものの椎葉村に県道は1つしかないので一部のコースはもうバレバレですね。さらにゴールが「東」別府駅だと、ゴール直前にどこから降りてくるのかわかりやすいですし。

ともかくスタートしてしまいました。ちょっと副業のほうが大変なので最初は2週間に1回ぐらいのペースでうpできたらと思います。夏を越えたら、たぶんペースを上げられるかなと思ってます。

次回はr26の狭い区間を進みます。本来はr360を行きたかったのですが、↓こんなことになっているようなので





あ、ということは? r26を進んだあとr360付近まで戻るのって、あのR265を?

また1ヶ月近く空いてしまいましたが、最終回のその8をうpしました。

ニコニコ動画版


YouTube版


最後はちょっと緩めの志引峠を越えてゴールのR373交点へ到着です。
どの峠・トンネルも個性豊かで楽しい道。峠を越える毎に急坂を下り、そして次の峠へ急坂を上っていく。そんな特徴がこのR429コースにあります。
榎峠を除けば離合はそこそこ大丈夫な点も、中国道の渋滞回避として選択肢に入った道でした。あ、実用的な迂回路としてはR372が有力でこちらも何回か利用してますけどね。

さて、次回から酷ラリ2号による撮影になります。
が、まだ機材の設定や設置場所に悩んでいる状態です(お試しでダッシュボードの一番右に設置した映像を投稿してますが、中央付近に設置したい)。GWには何か撮影したいのですけどね・・・

その5をうpしました。

ニコニコ動画版


YouTube版


今回は何の変哲も無い普通に峠を越える広い道のはずでしたが、意図的に段差が設けられた走りにくい道でした。
バックミラーの映像を見るとトンネル付近の段差の無い部分でドリフトしていたタイヤ痕が見えるのでドリフト族対策なのだと思いますけど、ここまで段差をつけている「国道」は少ないかと。

終盤にミスコースしてr428/r521に入っちゃってるのは、完全に油断してました。
近くに小学校・中学校があるので、子供が道を横断するのを補助する人が交差点に立っていて、「あの車、さっきも通らなかったっけ?」みたいな怪しい目で見られているかもと気になったり... take2で間違えずに進んだときにはパトカーが来てたので、特に気になりました。
その4をうpしました。

ニコニコ動画版


YouTube版


寄り道が終わってR429に復帰。でも、(優雅なので)R429にあまり見どころが無く、多々良木ダムコースにアシストしていただきました。あ、R429トレースコース、多々良木ダムコース、r526コースとありますが、初見で通るならやっぱりR429トレースでしょうか。道は広めですがグネグネな道なので、走りごたえはあるのです。

最後の神子畑選鉱所~明延鉱山の鉄道ですが、明延鉱山がこの位置。



神子畑選鉱所はここから山を越えて右下(南東)にあります。よくこんなトコにトンネル掘って鉄道を敷いたなぁと思いましたが、今は明延まで八鹿駅からバスで1時間強、鉱石を運んだりするには最短距離でトンネルを掘るほうが良かったのでしょうね。



その3をうpしました。

ニコニコ動画版


YouTube版


急坂の青垣峠を上りきった後は比較的穏やかな道が続くR429。なので、刺激が欲しくて黒川ダム方面へ。
林道の急坂を駆け上がるシーンでバックミラーがある通り、1年前にあの急坂を恐る恐る下ってきていました。
青垣峠から東側への下りは2速のエンジンブレーキでたまにブレーキ踏みつつで良いのですが、この急坂は1速でも加速していってしまう非常に厳しい坂でした。
それから、黒川温泉が気になりますよね。もっと時間に余裕を持って、寄り道しながらドライブできればいいのですが、だいたいR429を通る時って忙しないんですよね。。。

その2をうpしました。

ニコニコ動画版


YouTube版


今回は榎峠~青垣峠。
榎峠からの下りで最初にパッと視界が開ける場所が、ちょうどR483が見える場所なのですね。
もちろん狭いR429へ直結するICなどなく、R483の橋脚建設時に周辺だけ少し道を広げた状態になっています。

榎峠区間の醍醐味の1つとしては、今回の動画とは逆方向から狭い区間への左折があります。ですので、逆方向の突入シーンも入れてみました(ちょうど突入直後にバックを強いられるのもポイント高いかなぁ、と)。
この左折で気になったのは左折直後にあるおにぎりです。

2009年
20180103-x-1.jpg

2017年
20180103-x-2.jpg

おにぎりの向きが少し違う(大通り側を向いている)ように見えます。「こっちだよー」って地味にアピールするための改良として向きを少し変えたのだったら面白いですよね。

そして、青垣峠へ。ほぼまっすぐ、でも狭い道、貴重なコースです。下りだと2速に入れて見通しの悪いとこだけブレーキかけながら下りてくればだいたいOKな、とっても燃費が良い酷道だったりします。

さて、今回から2009年5月、2016年5月の映像も交えて進んでいきます。同じようでいてちょっと違ったり、変化が見られると面白いですよね。
他にも最低4回(2009年より前に2回と、2009年~2016年の間に2回)は西から東へ走っているのですが、写真や動画はありません。
撮影月が5月なのは、だいたいGWの帰りに高速の宝塚渋滞を避けるためです。ということで、新名神が神戸JCTまでつながると… あと、目的地が九州だと大阪から/までフェリーに乗ったりするので、今後R429へ行く機会は少なくなりそうです。

さて、次回は青垣峠からの下りですが、その1で予告した通り、道が良いのでR429ではない場所を走ります。



新しいコースをうpしました。

ニコニコ動画版


YouTube版


今回のコースは京都・兵庫・岡山を走るR429です。
岡山県の区間はほぼ改良済なので、京都・兵庫の区間がメインコースとなります。
このコース、渋滞迂回の実用的(?)な道として何回も通ってたりします。ですので、昔たまたま撮影してた時の映像も交えながら進んで行く予定です。なお、一部快適そうな区間はR429から離れて別の道を走ります。


やっと今回のコースのエンディングをうpしました。

ニコニコ動画版


YouTube版




ゴール、お疲れ様でした。
全体を通して標高が300mに満たない道ですが、険しい道が続きました。特に後半の急坂は北陸という雪国のライフラインになる道と考えると、かなり険しい道に思えてきます。
とはいえ、能登半島のコース設定はかなり悩みました。R249バイパス、のと里山海道、珠洲道路、能登空港周辺の道路整備で、快適な道が多いのですよね。特に先端のほうは珠洲道路や珠洲広域農道という幹線道路が半島の真ん中にも走っているので、そこへ向けた道路整備が進んでいるのだと思います。(かつての中国自動車道のように)
同じように半島な千葉は…なぁ…(遠い目)

ちなみにこの後はR249を時計回りで。旧珠洲駅や、沿線の酒蔵・ワイナリーに立ち寄って高岡まで戻って宿泊、翌日車載オフに参加しました。

さて、次回ですがいろいろな要因
 ・副業が忙しすぎる(本業はもちろん酷ラリ)
 ・新しい何かを考えたい
 ・車が!????
が重なるため、秋以降になると思います。でもTwitterやblogは何かあれば随時更新していきたいと思います。

次のページ