カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール
ニコニコ動画やYouTubeに酷道の車載動画をうpしている人
E-Mail:drive.junkie@gmail.com
Twitter:@drive_junkie
プロフィールの詳細はこちらのページで!
携帯百景
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車が変わって慣らし運転も終わりに近づいてきたので、3連休に魹ヶ崎へ行ってきました。
魹ヶ崎(とどがさき)は岩手県にあり、本州最東端の地点になります。

と、その前に、ちょっと寄り道。R286の笹谷峠を越えて山形県へ。
20171010-1.jpg

寄り道の目的は天童市の将棋資料館。天童駅の改札が2階でその1階にあります。
20171010-.jpg

中は撮影禁止なので写真はありませんが、特に将棋の駒についての展示が多いですね。駒に字を書く手法の違いとか、独特な文字の駒とか。他にも25x25マスの泰将棋を見て「自在王ってなに??」(空いてるマス、または、ヒモの付いていない敵駒までどこへでもワープできるそうです)とか、将棋祭りの昔のポスターや祭りのときの写真などがありました。それほど広くない資料館ですがゆっくり見てたら1時間以上かかってました。(駅周辺の駐車場は1時間までは無料なのだけど...)

そして、魹ヶ崎へ。
ちなみに、岬への岩手r41はそこそこ狭い道です。北(宮古市方面)からはそこそこですが、南(山田町方面)からは道がグネグネしていてなかなか進まない感覚です。こんなバスも通ってます。
20171010-4.jpg

そして魹ヶ崎へは車では行けず、姉吉キャンプ場の駐車場から片道4km歩きなのです。



特に最初の登りがキツイですね。。。最高点まで550mで標高110mまで登ります。車を運転する人にとっては、上り坂標識に20%と書いてある感じでしょうか。行きも大変なのですが、さらに帰りにこの急坂を下ってくるのが、往復7km以上歩いてきた身には大きな負担です。エンブレ効かないし。。。

最東端には灯台と本州最東端の石碑があります。当日は晴天でぐるっと180度以上水平線が見渡せ、近くを通る船が進んでいくのを眺めてました。
20171010-3.jpg

往復8km、休憩も含め約2時間半。旅行で行くと岬まで往復+r41グネグネ攻略でR45から半日かかる計算なので、これを前提に前後の宿泊場所を考える必要があります。って言っても、三陸自動車道や釜石自動車道の整備が進んできて、昔よりアクセスしやすくなりましたよね。
スポンサーサイト
さて、今回は車載オフ後の旅についてです。
長崎の目的地まではフェリーを5つ乗り継ぎました。

1つ目:大三島フェリー 忠海港→盛港
20170925-1.jpg

平日なのですが寄港する大久野島(通称:うさぎ島?)に向かう人たちでかなり賑わってました。
今回は船の上から眺めただけでしたが、うさぎ島上陸はこの旅の最初の「宿題」としてエントリーされてしまいました。

2つ目:尾浦~宮窪 航路 尾浦港→宮窪港 (R317)



大三島から伯方島はもう船便が無いようなのでしまなみ海道を通り尾浦港へ。
尾浦港はフェリーに乗船するまで車を待機する場所もなく、ストリートビューの左側、シャッターのある建物の左側に時刻表が掲げられているだけ。


基本的には途中にある人口30人ほどの鵜島への交通が主なのですが、それにしてもここまでゆるいのは知夫里島(島根県)の来居港から島前内航船に乗る時以来でした。待機場が無いので、こちらから船員さんに話しかけないと乗船すると気付いてもらえないのはホントに初めて。
しまなみ海道周辺はまだ宿題になっている航路がたくさんあるので、近いうちにまた遊びに行くと思います。

さて、四国に寄っていよいよ九州へ。というところで、寄り道しようとした愛媛県の佐田岬ですが・・・



まさかの時間帯通行止!!! 普段なら喜々として(?)進むイベントです。
しかも、佐田岬への行きも帰りも二度おいしいのですが、今回はどう考えても戻ってきてフェリーに間に合わない時間だったので諦めました。もう、この看板を見た瞬間に頭の中がグルグルして焦ってTwitterにはなぜか通行「上」と。どうしたら「上」なのか、今更ながらツッコミたいトコです。
あ、一応、10年くらい前になりますが、佐田岬には車を連れて行っていますので、ココは妥協しました。

えっと、ゴールは長崎の「自走で行ける最西端」です。ここまで読んだトコで満足しないでください。

3つ目:国道九四フェリー 三崎港→佐賀関港 (R197)
20170925-2.jpg




これでようやく九州に入りました。九州まで遠かったですね。
四国と九州の間のフェリーは
 ・松山観光港~小倉港
 ・三崎港~佐賀関港
 ・八幡浜港~別府港
 ・八幡浜港~臼杵港
 ・宿毛港~佐伯港
と5航路あるようですが、これで八幡浜港~別府港だけが宿題として残った形。つまり他の4航路には載ったことになります。

4つ目:九商フェリー 熊本港→島原港
20170925-3.jpg

これで熊本~長崎のいくつかある航路も残りは1つ?




同じ航路で高速フェリーがあって、これが宿題として残ったのでした。

5つ目:御厨~阿翁 航路
20170925-4.jpg

ちょっと寄り道した航路でしたが、離島の青島・黒島に寄る航路で、御厨(みくりや)、阿翁(あおう)と読みます。



この2つの地名は事前に勉強しておいたのですが、途中で降りる港の地名「船唐津」がトラップでした。
近くに佐賀県唐津(からつ)市もありますし、何も考えずに乗船窓口で「『ふなからつ』まで」と言ったら、「『ふなとうづ』と読むのですよ」と訂正されてしまいました(///)
やっぱり地名は難しいですね。

また、この航路は毎週水曜日だけちょっと遠い飛島に寄ります。飛島には殿ノ浦~今福航路があるのですがフェリーではないので車を運ぶのはこの週1便の航路を使うことになります。

そして、白馬(小谷)・福知山・今治・大分・雲仙・佐世保と6泊してようやく目的地「自走で行ける最西端」に着きました。

20170925-6.jpg

手前のR383末端までは以前にも来てましたが、さらにr19で西の果てに行けるトコまでというのは初めて。ということで、今の車を連れてくる最後の地点(=今回の旅の目的地)がこの場所なのでした。
この日(9/15)は奇しくもニコニコ動画に動画をうpしてからちょうど10年。なにか因果がありそうですけど、意図したわけではなかったですw

帰りは新門司港から大阪南港へのフェリー。17時発のフェリーが台風18号の影響で12時まで出港するか判断を保留する事態にちょっと焦りましたが(欠航なら中国道を自走するのもまた一興ですが)、無事出港して大阪南港に着くことができました。

20170925-5.jpg




ノルマのクリア(?)は置いといて、今回は長崎県内(離島じゃないトコ)をじっくりと周れたのが楽しかったです。

そして、この車での長距離旅はこれで最後、ラストランを満喫してきたのでした。



遅い更新になりましたが、9/9-10に長野県で行われた『第19回秋の車載オフ in 白馬』に参加しました。

会場は、長野県小谷村にあるホテルグリーンプラザ白馬。天気がよく、とても暑かったです。
20170923-2.jpg

前日に長野市内で行き、R406で会場へ。
20170923-1.jpg

ずいぶんと久しぶりに通ったR406ですがグネグネの道は相変わらず。西組バイパスができると長野市内~鬼無里は結構良くなりそうですが、鬼無里~小川村~白馬村の区間はこの先もあまり変わらなそうですね。

意外と時間がかかって会場に着いたのは9:30頃、10時から「車載クルーズ」なので結構慌ただしかったです。

では、車載クルーズの風景を。

S660をじっくり見て回っているとこ。
20170923-4.jpg

いろいろと怪しいものがたくさん出てきたとこ。ナースコールのパーツがなぜあるのか?
20170923-3.jpg

「ジャッキアップってどうするんですか?」って聞いてるとこ。
20170923-5.jpg

今回初めて、福祉車両も車載クルーズに登場しました。
20170923-6.jpg

ところで、今回なぜか夜の写真をほとんど撮ってませんでした。
夕飯の会場で自転車動画の話をしてたり、地図部屋で千葉市の古い地図(千葉駅で外房・内房方向はスイッチバックしてた時代)をじっくりと見回してたり、酒部屋で車や道の話をしたりしてたと思います。

なお、今の車での参加は今回が最後ということで、車の写真を撮っていかれる方が多くてちょっと恥ずかしかったです。

そして、車載オフ終了後、関東に戻るのではなく北陸道から関西へ。




ということで、ラストランの旅へ出発したのでした。




台風18号の影響で、新門司港→大阪南港のフェリーが出港するか当日お昼まで決まらない状態でしたが、なんとか船も出て無事帰ってくることができました。(欠航だったら自走するので、もっと走行距離が伸びたでしょうけど)




かなり前からになりますが、9/9に開催される第19回秋の車載オフ in 白馬の受付が始まってます。8/31が受付〆切だったかも?ということでblogへ。

今回も車載クルーズを行います。まったりと車を見てまわるツアーなのですが、現場の状況はその場にならないとわからないので、ゆる~く回る感じ。一応「ツアー」としてますが参加申請とかは何もありません。現地で10時前後にアナウンスして最初から参加される方々には集合していただきますが、その後は適当に抜けても、後から入ってきても全然OKな感じで進みます。初参加の方々も含め、いろいろと交流するキッカケになれればという意図でゆる~く開催してます。

さて、動画投稿を休止しての近況ですが、次の動画の制作は『全然進んでません』(; ;
これまでとちょっと違うネタの動画を作ろうとしていますが選曲が一番のネックになってたりします。。。




あと、これとは別の話題として、今回の車載オフで今乗っている『アコードユーロRでの参加』は最後になる予定です。
既に次の車は決定していて、この次の車載オフに参加する時には新しい車になっています。

能登半島のコースはお休みして、GWのレポをうpしました。

ニコニコ動画版


YouTube版




いわゆる家庭用のビデオカメラとはちょっと違うアクションカムのFDR-X3000. でも、GoProに代表されるようにこの分野の製品もかなり進歩してきていて気になったので試してみました。というか、沖縄でレンタカーで撮影するのになにかいいアイテムが欲しい・・・というのが動機でした。あ、只見線ではレンタカーでいつものHandycamを使ってますが、これはマーチのダッシュボードに谷間があって、そこにちょうどカメラを固定できそうなのが「わかっていた」からです(なので只見線のときはマーチを車種指定でレンタルしてます)。

FDR-X3000の評価としては「いい感じ」ですね。
利点としては、
・軽いので設置場所の選択肢が多く、設置機材が簡単でいい(レンタカーでもあまり悩まずに設置できる)
・映像の解像度やフレームレートはYouTubeやニコニコ動画に投稿するレベルなら充分
・ブレ補正がすごい
というところ。気になる点としては
・曇・雨時の映像が晴天時と比べて暗すぎる(編集で明るさを補正すればいいかも)
でしょうか。夜間の撮影はしてないので、その点もまだ気になるトコです。

なお、このカメラは4K画質で撮影できるのですが、動画を投稿するにはオーバースペックなのでXAVC S 50Mbps 1080 60p(1920x1080)で撮影しています。

今後このアクションカムを使うことが増えてきそうですが、いつものHandycamは240GBのHDDを積んでいるので、夕方から朝まで定点観測する使い方など、まだまだ活躍してもらおうと思ってます。

ということで、今回の沖縄旅行のおおまかなコースと動画に収録した撮影ポイントは以下です。沖縄って結構改良が進んでいてガチな険道はもう・・・ 今回撮影した場所も、実はバイパスが整備済。なぜか、バイパスが整備されても現道も県道として残っていたりします。


昨晩になりますが、次のコースへ進む前に2016年の総括をうpしました。

ニコニコ動画版


YouTube版




昨年は西の方、まっしろです。なぜか北陸に集中していて、北海道とそして鳥取がメインテーマ。写真はカットしてしまいましたが鳥取は西側の大山まで行ったので、もう少し足を延ばせば島根県も塗れた感じでした。
また、フェリーとぐるぐるはかなり映像が溜まってきました。まとめ動画を本気で作る時期に来たかもしれないです。

今年ですが、まだ動画を撮影していない(というか、2月に撮影した只見は投稿済)のでGoogle Earthの映像です。あ、一番最後の場所は自走で行くのではありません。。。

3/11-12に静岡県伊東市で行われた2017.3.11 第18回春の車載オフ in 伊東に参加してきました。

今回はライトニングトークに初エントリーしたので、自分の中ではかなりドタバタな車載オフになりました。ということで、以降、ライトニングトークを中心に書いていくのでかなり長い話になります(^^;

ライトニングトークとは、簡単に言うとみんなの前で何かのネタを発表するというプレゼンテーションなのですが、違いは「短い制限時間で行い、時間が過ぎたら強制終了」という点です。特に車載オフのライトニングトークは発表直前にサイコロを振って、出た目の時間だけ発表できる、つまり発表時間が直前まで1~6分のどれになるかわからないので非常に難易度が高いです。




一応、プレゼンテーションは他の機会に何度か経験してはいるのですが、もちろん事前に発表時間は決まってますし、10~30分とかライトニングトークよりかなり長めなので、如何に短い時間で何かを主張できるか、が最初の課題になりました。最悪の場合、俺ワールドを展開できるのはたった1分だけなのです。

ライトニングトークで話したネタは「去年変更された、ニコニコ動画への動画投稿時のエンコード仕様について」です。前回の車載オフで夕食のBBQのときに少し話題になったのがきっかけでした。でも難しい話をすると動画投稿を経験している人しか理解できなくなるので、生放送は配信してても動画は投稿していない人、動画を見るだけの人、にもわかりやすく説明できるか悩みました。

ということで、最初の部分は発表スライド2枚に1枚は変なネタを仕込むペースで構成しています。つまり、
 ・ 「はじめに」のお断りに、みんながよく見る*pediaで表示される警告表示(?)を引用
 ・R439のおにぎりがエンコードされると、もしかしたらモザイクなR1おにぎりになっちゃうよ!
 ・車載動画ではない(でも、車載オフで多くの方が把握してそうな)他の特定ジャンルの動画を引用(目線入り)して比較
 ・その比較で幹事さんに媚びる(発表時間の延長を期待して ←そんなことは無かった)
というトコです。そして実際にエンコード仕様が変わってニコニコ動画全体で(←これ重要,車載動画だけではなくという意味で)損得が発生した著名なジャンルに触れてます。でも、趣旨がなんだかわからなくなりましたね(^^; 「ニコニコ動画側のエンコード品質が悪くて困ってる」的なことがホントは伝えたかったのですけど。



頭の中でいろいろと前から描いていたものの、実際の作業に取り掛かったのは「只見線不通区間えきめぐり 反省会」投稿直後からになります。あ、この動画をうpしたこと、ブログに書いてないですね(^^;

今回の発表はA3縦を用紙を横に2枚つなぐ形、つまりA2サイズの紙を用意しました。運営さんからは発表用に32インチテレビが準備されているのですが、観客側の奥の方は5m以上も離れてますし、万が一晴天だったりすると(?)、眩しい炎天下でのモニタ表示はさすがにキツいかなと思い、アナログチックな紙での参戦です。以前も、「ループする道でわたしが知らないトコがあったら教えて」という件で、わたしが知っている場所をGoogle MapにプロットしたURLを用紙をつなげておっきなQRコードにして(1-2m離れていてもスマホで読み取れる)準備したことがありましたので。

ということで、ライトニングトーク用の資料作成を時系列で追ってみます。

2016/11/05
「2016.11.05 第17回秋の車載オフ in 南砺」の夕食会場の某BBQテーブルで、ニコニコ動画のエンコードが変わったことを話す。意外と知らない人がいるらしいことを知り、ライトニングトークのネタにならないかと思う。でも、車載オフのライトニングトーク、発表条件はすんごく厳しい、まぁ、失敗してもなんとかなる、個人的なスキルアップwに良い場と思いきっちゃう。

2016/11/xx
ストーリーの大まかな部分はほぼすぐに固まりました。この時点で他のジャンルの動画との比較ネタ、グラフを書いての比較はある程度固まってます。

2017/03/01(水)
車載オフ1週間半前、「只見線不通区間えきめぐり 反省会」の動画をうpした翌日からストーリーと発表資料の詳細を詰めていきました。普段、動画を編集している時間をライトニングトーク向けに割り当てたので、動画投稿・編集は止まってます(^^;

2017/03/05(日)
車載オフ1週間前を切ってしまいましたが、やっと細かいストーリーができました。
ここから素材を集めてパワポ(PowerPoint)のデータに落としていきます。また、基本的に主張てんこ盛りで最初は時間オーバーになるのはわかっているので、てんこ盛り状態から発表時間にあわせて削っていきます。でも、発表時間を1~6分のどこに置くのか難しい選択です。

2017/03/09(木)
資料作成のデッドライン。。。本番の発表資料は13枚でしたが、この時点ではさらに3枚多くありました。夜に紙に印刷。プリンタは持ってないのでセブンイレブンにSDカードを持ち込んでプリントしました。目線入りのあの映像を印刷するのはちょっと恥ずかしかったです。

2017/03/10(金)
午後から車載オフへ向けて出発。伊東市内の宿に泊まります。
宿からの眺めがステキ。遠くに初島、手前には伊東駅があります(写真は17時ちょっと前、スーパービュー踊り子10号が伊東駅に到着するトコ)。普段のように定点観測用の機材を持ってきていたら絶対に撮影していたスポットなのですが、ライトニングトークの件しか頭に無く、いろいろ忘れて来ていました。

20170313-2.jpg




温泉にまったり浸かり、お酒とともに夕飯ものんびりいただいた後、ライトニングトークの練習が始まります。最悪の場合を想定して基本的に発表時間が1分だったときの練習をひたすら繰り返し、改良していきます。最終的にスライドを削って13枚になったので、発表時間が1分だったとすると1枚のスライドに5秒もかけられません。1分だとスライドをめくっては一言言って、次のスライドをめくるという形になってしまいます。それでも、5秒あれば何か言えると思って練習していたのですが、問題があったことに夜中に気付かされます。。。

発表時間1分の練習がそれなりに様になってきたとこで25時過ぎに寝たのですが、ふと何かを思い出して目覚めました・・・午前4時過ぎだったと思います。
 「片手で発表資料を支えるでしょ。もう片手で資料をめくるでしょ。。。。マイク、もう片手で持つでしょ???」
もう、どうすれば良いかドキドキして眠れません。ピンマイクってないよねー(T_T)とか、誰かに資料をめくってくれる役をお願いできるといいのかなー???みたいな。そして、伊東駅の始発列車、05:00発熱海行きを宿の窓からぼーっと見送りながら、他にもいろいろとある課題をどうしようかと考えていたのでした。

結局、夜中に練習したのは1分が10回ぐらい、あと、3分と5分を1回ずつ試したぐらいでした。本番のことを考えると、ここで5分を1度でもやっていたのが大きかったかも。

あ、さらに、こんな忘れ物もして宿でやっつけ仕事をしてたりします。データをSDカードに転送、翌日朝にコンビニでプリントしました。(これがさらに先へつながる伏線だったのです)




翌日、宿で朝ごはんを食べて出発。いろいろとこの時点でマズそうな雰囲気ですが、意外と朝ごはんは食べることができました(^^;

無事に会場に着いて10時からは車載クルーズ(車載くるーじゅ)を開始。でも、今回はgdgd. なぜなら、大室山へのリフト券が参加者に配られたので、車のオーナーさんが山に登ってしまって不在な車が多いという状況に陥りました。近くにいる人を捕まえては説明をしていただいてましたが遂に限界が来たので車載クルーズの参加者も全員で大室山へ登ることに。






大室山の上から見る景色は素晴らしかったです。が、↑は写真ではなくストリートビュー。なぜなら・・・




このツイートは車載オフの宿泊ホテルに到着してから気づいたものです。。。 コンビニで印刷した後、お財布にSDカードを入れたまま、カメラに戻してませんでした。なので、大室山山頂からのとてもきれいだったパノラマ写真、うpできません(><



そして、ライトニングトーク本番です。ライトニングトーク参加者は4人で雰囲気的に一番最後の発表に。想定よりサイコロを振って出た時間が長くて大変だった方、1分が出たけどスッパリ発表した方、そして、直前の発表はテレビ出演を果たした方だったりとすんごいハードルが上がります(^^;;;;;;;

そして自分のターン!! サイコロは? 5分??????
1分しかほとんど練習してなかったのが裏目に出ました。

発表時に嬉しかったのは、(ここでは名前はとりあえず出さないでおくけど)紙をめくるのを代わりに行っていただいた方です。
5分だから自分でめくってもなんとかなるかなとか、1分だったら自分でめくって時間切れでも理由ができるかなとか緩く考えていたのでホントに感謝しています。「まだめくっちゃメッ(-_-#)」みたいなことを発表中に言った気がしますけど、もうちょっと紙をめくるタイミングを正しく伝えられたら良かったなと反省してます。。。
ゆっくりペースでいろいろ話した結果、5分でも最後の1枚に行く手前で時間切れになりました。一度前日に5分で練習したときよりは良かったですが、でも時間切れ。でも、最後の1枚は救いようがない話(「仕方ないので現状でがんばる」)なので時間切れでも良かったのかもしれません(むしろ、最後に何を話すのかというところで切られて気になっちゃう的な)。

発表した結果として、直後にすっ飛んで話を聞きに来た方と話したり、夜の宴会時に話題にしたりと、それなりに反響があったと思ってます。ホントは銘菓対決(今回はご当地定番モノがテーマだったので参戦したかった)や酒部屋へお酒を献上とかもしたかったのですが、ライトニングトークの準備でほとんど終わっていまいました。車載クルーズも山から戻ってきたあと(時間的に)なし崩し解散な感じでしたし。でも、貴重な体験ができたと思います。また何かネタがあれば、発表したいと思います。

あ、↓は車載オフ翌日、会場から離れる前の写真。この時間が会場にいる人達が一番多かった気がするので、もしかしたら車載クルーズ(2日目)というのもアリだったかも??
20170313-1.jpg

幹事さんや運営に参加されている方々、その他イベントを主催されている方々、酒部屋宿泊同室の方々、見学した各部屋で活動している方々、車載クルーズで無茶振りした方々、いつもお世話になってしまい、本当にありがとうございます。とても充実した時間を過ごせたように思います。

さて、次回の車載オフは9/30に長野県の白馬で行うと告知されました。もちろん、次回も参加する予定です。


先週末に、2017.3.11 第18回春の車載オフ in 伊東の正式参加登録が始まりました。

今回は静岡県の伊豆半島。関東組としては近くてうれしいポジションです。
まぁ、前回の富山県南砺市ぐらい遠いといろいろと休みを調整して、そのおかげで『【酷道ラリー】富山県横断険道コース』ができたのですけど。
前回の車載オフ関連コースがもう1つある予定ですので、今回の車載オフは素直に行って帰ってくるだけになると思いますが、伊豆を縦断する楽しいコースはあるので、改良される前にうpしたいかも。

さて、次回の車載オフでも『車載クルーズ』ということで、いつものように午前10時から車を見て回るイベントを行う予定です。
ニコニコ動画の『ニコ生クルーズ』をもじってますので、途中参加も途中離脱も全然okです(朝10時に来るのは大変だったりしますしね)。基本的に、最初に二輪車ゾーン、そして、固まって駐車された車列(傾向的に朝早くから駐車していたゾーン)を中心にクルーズしていきます。

あと、車載クルーズでオーナーさんに聞きたい質問も募集してます。統一した質問をして集計結果を「一言言いたいコーナー」で発表したいとこです。前回は「どこまで高速で来ましたか?」という質問を適当に決めましたが、面白いアイディアがあれば教えてください。

いずれにしても、今回の車載オフも楽しみです。そして今回は「あの厳しい」ライトニングトークにエントリーしました。今までも参加したいと思ってましたが、躊躇する一番の要因は「サイコロで発表時間を決める」です。1分と6分では話す内容に雲泥の差があって準備してたネタが破綻するのが目に見えています。ということで、1,2,3,4,5,6分のすべての世界線を考えて挑みたいと思っています。
(全部の世界線に対応できない可能性が否定できない時期にきてますが...)



その3をうpしました。
今回でゴールになります。

ニコニコ動画版


YouTube版




冬の会津大塩駅を除き、無事各駅に停車できました。
冬は仕方ないとしても、夏はどの駅も草刈りして維持されているようですね。

でも、復旧できるかというと、一筋縄ではいかない感じ。当初の復旧費用は85億円、2016年9月の試算では資材費の高騰で108億円になっています。一方で、東日本大震災で被災した区間のJR山田線沿岸部は復旧費用210億円のうち140億円をJR東日本が負担しますが、三陸鉄道への移管が決まってます。また、盛岡~宮古も12/9に一部区間が復旧、全区間復旧は来年秋頃のようです。
12/4で留萌本線の一部区間が廃止、三江線も2018年3月で廃止と暗い話題ばかりですが、山田線は復旧する方向。この辺に何かヒントがあるのかもしれませんね。

今回の動画では、東北きりたんさんにナレーションを依頼しました。かなりリーズナブルなお値段でこのクオリティ。この先、アナザーな動画でさらにお世話になる方向で考えてます。素朴なナレーションにピッタリな感じなんですよね。「行ってみていろいろ勉強してきたレポートです」という雰囲気の音声になるのが、感覚的にちょうど良いのです。

さて、次回は本来の仕事に戻る予定です。車載オフの前に寄り道した、あの辺をうpする予定です。




只見線その2をうpしました。

ニコニコ動画版



YouTube版




今回は会津大塩駅が興味深いですよね。
通学定期利用者のためか、被害後最初に代行バスが走ったのはこの駅から会津川口方面。wikipediaによると8/26から運行とあるので、学校の夏休み明けからでしょうか。

2010年度の利用状況については、JR東日本が仮に復旧するとした場合の安全対策費用と工期等について関係者に説明した資料を参考にしています。また、この資料には被災した4つの只見川橋梁の被害状況も記載されていて、どれだけ大きな被害だったのかもわかります。また、この資料を見ると只見から小出方面へ通勤定期4人、通学定期7人の利用者がいたようで、ちょっと意外です。確か、早朝・深夜に只見駅を発着する列車は冬期運休で手前の大白川までのはずでしたよね。

動画の話に戻ると、会津大塩駅はまさかの冬期通過。廃止された田子倉駅を思い出してしまいました。田子倉駅は只見駅のもう1つ先(小出方面)にあった駅で、周辺に住んでいる人はおらず登山客向けの駅。駅前を通るR252も冬季閉鎖区間内ということで、冬は全列車が通過していたのです。

で、Google Mapのストリートビューをチェックしてたら会津大塩駅のそばに墓地があるのが見えました。冬はどうなってるんでしょうね。。。


次回こそ(?)、只見駅に到着です。


次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。