カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
ニコニコ動画やYouTubeに酷道の車載動画をうpしている人
E-Mail:drive.junkie@gmail.com
Twitter:@drive_junkie
プロフィールの詳細はこちらのページで!
携帯百景
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ちょこっと関西に行っていたので遅くなりましたが、その6をうpしました。
年内の投稿はこれが最後になります。

ニコニコ動画版


YouTube版




ようやくR441の本格的なSS区間に入りました。今回と次回でこの峠区間を越えていきます。

土屋トンネル手前に書かれている文字ですが、ストリートビューで見ると2014年1月の時点では『人生は一度だけ』としか書かれていないようです。でも、これだけだと意図が不明と思ったのか、後から「スピードおとせ」等と書き加えられたようですね。


また、林道広見三間線ですが、ストリートビューではR441側から入ったところで雪のため引き返したようです。


この林道の宇和島市側には「音地地四国88カ所」というミニ巡礼コース(地四国とは四国霊場八十八箇所を模して小さな地域等で作られた巡礼コースの意味だそうです)があるようで、宇和島市側からのアクセスは良さそうなのです。(航空写真から舗装された駐車場があるのが見えたりします)

次回は、トンネルを越えての下り。そして、R441を離れて険道に入っていきます。
あ、もう3年続けて投稿している1年間の旅まとめ動画、すっかり忘れてたのですが作らなきゃ。。。

スポンサーサイト
その5をうpしました。

ニコニコ動画版


YouTube版




今回もイベントありです。R441桜隧道ですが、漏水・剥落対策で通行止めにして工事を行っていたようです。迂回する距離はたいしたことがないのですが、既に予定より1時間近く遅れていたので
工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工
って気持ちでした。

気になるr106での県境越え。「杖峠 高知 愛媛」で検索すると通ったときのレポがヒットするので県境は通れそうです。
県道の分断区間をつなぐ道として県境の杖峠を越える道はあるのですが、四万十市と四万十町の境が怪しいので動画では「?」としました。

↓四万十市と四万十町の境付近の航空写真。境の東側の緑が薄い部分は崩れた跡でしょうか???


地理院地図と航空写真を照らし合わせると西側に地理院地図には無い道があるようです。


道はあるにしても、さすがに通れるとは思えないですよね。。。
その4をうpしました。

ニコニコ動画版


YouTube版




今回の区間ですが、やっぱりr107での県境越えが気になってます。宿題ですね。
時間的に厳しいのと、R381にも狭い区間があるよねということで妥協してしまったのですが、その区間に片側交互通行という対策がとられていて簡単に通れてしまいました。狭さという意味では離合場所もそれなりにあるし狭い区間も短いしでレベルは高くないのですが、交通量があって難儀した記憶があります(その時はGWの連休中だったこともあって)。
今は宇和島まで高速が通ってますが、当時はまだ通ってなくて、中村(現四万十市)から松山へ行くのに(GWの混在を回避しつつ)R441で大洲まで行くのがベストと判断しました(ということにして道を楽しむ作戦)。

今回、いろいろとテロップのネタを探していて四万十市災害情報というページを見つけました。四国地方整備局に掲載されていない情報もあって、この情報を当時知っていたら…とか思うのですけど、トラブルはいつもいろいろありますから旅程に余裕を持つのが一番ですね。それでも、今回は間に合わなくなって予定を変更してしまいましたけど。。。
その3をうpしました。

ニコニコ動画版


YouTube版


今回は、ゆっくりして行きましょう。。。










予告看板が無く、まさに「やられた~」という感じでした。実際の待ち時間は約35分。迂回路と思われる道も迂回路にするには厳しすぎる道ですしね。
ちなみに、四国地方整備局の道路情報提供システムにこの規制があったのかは確認してませんでした。このサイトは通る前日にチェックするのが基本なのですが、朝4時の船に乗るために前日がいろいろ不規則でしたので…
なお、後日確認したときには特に情報がありませんでした。



ニコニコ動画版ではこれも恒例のネタを仕込んでます。
ニコニコ動画では投稿者がシークバーを動かすのを禁止にすることができるので、開通するまではシークバーを動かすのを禁止にしました。

これまでも何回か同じような開通待ちで禁止にしたことがありますが、今回はこの禁止を「解除できる」ボタンを設けました。
↓がニコニコ動画の画面。上に解除ボタン、そして左上には解除ボタンを押した人の人数が表示されます。(動画投稿の最初の時点では表示がちょっと違っていたかもしれません)
20151206-1.jpg

シークバーを禁止にするのはニコスクリプトで簡単にできるのですが、「ボタンを押したらシークバー禁止を解除」することはニコスクリプトではできませんでした。ということで、地味に「ニワン語」というニコスクリプトよりも高度なことができるプログラムのようなもの?を使ってます。ニワン語を使っている動画としては、投稿されたコメントの色をグラデーションで変化させて表示したり、コメントの表示方法が右から左へではなく独特なものだったりというのが代表的だと思います(わたしが見た範囲で、ですが)。

以下に、今回の仕組みを書きます。【投稿者コメント(ニコスクリプト)編集モード】でエディタに表示されるそのままです。

25.25:@1275:@シーク禁止
263:ue white2 @1037:@ボタン シークバー禁止解除 解除...
263:hidari ue red small @1047 @button:@投票 解除...
263::/commentTrigger(if(chat.isYourPost && chat.fromButton && chat.message=="解除...", then:seekDisabled=false), timer:1037)

まず、シーク禁止したいのは動画の1300秒までです。
1行めはシーク禁止にしたい区間を設定してます。あ、この行を先に設定してしまうとニコスクリプト編集中もシークバーが機能しなくなるので、いろいろと入力している間はこの行を入れずに、一番最後にテストを始める直前に入れます。
2行めは「シークバー禁止解除」のボタンを表示する行です。ボタンを押すと「解除...」というコメントになります。
3行目はボタンを押した人が何人かを表示する行で、ボタンを押して「解除...」と表示された回数をカウントして表示します。@1047(263+1047=2310;シーク禁止の最後よりも10秒多い)なのは、シークバー解除後も集計結果が10秒間表示されるようにするため。

ここまではニコスクリプトの範囲で作れますが、4行目が重要な「ボタンを押したらシークバー禁止を解除する」というニワン語です。
commentTriggerは投稿されたコメントに対してアクションを起こす、というものでtimer:1037でシークバー禁止時間中にコメントが投稿されたらその都度発動します。
発動されるのは、if(....)の部分。

if(chat.isYourPost && chat.fromButton && chat.message=="解除...", then:seekDisabled=false)

chat.isYourPost:閲覧者の投稿ですか?
chat.fromButton:ボタンを押しての投稿ですか?
chat.message=="解除...":ボタンを押して表示されたのが"解除..."ですか?
の3つの条件すべてが揃ったときだけ
then:seekDisabled=false
シークバー禁止を解除する

という仕組みです。
あ、視聴者用ボタンがあるけど、うまく設定したらそれを押されても反応してシークバー禁止を解除しちゃうかも???

それは置いといて、忙しい人向けにシークバー禁止解除ボタンがあってもいいのかなと思って設置してみました。