カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
プロフィール
ニコニコ動画やYouTubeに酷道の車載動画をうpしている人
E-Mail:drive.junkie@gmail.com
Twitter:@drive_junkie
プロフィールの詳細はこちらのページで!
携帯百景
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
その13をうpしました。

ニコニコ動画版


YouTube版




今回は完全に観光回です。
四国カルストは、他には無いすごい風景ですよね。今回は時間の関係から止まらずに通過してしまいましたが、マッタリ景色を見るのが正しい使い方(?)です。r383も改良されて、ちょっと狭いトコはありますが苦労する道では無くなっています。

問題は四国カルストへアプローチする道です。前回のR440旧道と次回の高知r48は、『クオリティが高い』道です。普通に行くなら今回の最後で通行止めになっている快適な林道をR197から行くのが王道だったりします。というか、r383レベルの狭さならまだいいのですが、R440旧道やr48の狭さだと普通に考えると行きにくいんですよね。。。
でも、そうやってフィルターされるからそこまで人が多くなかったりしてゆっくり散策するにはちょうどいいのかもしれません(観光シーズンの連休になるとどうなっているかは知りません)。

次回は、四国カルストへのアプローチ道の1つであるr48を一気に下ります。
四国カルストへのドライブプランとして観光ガイドブックに書いてあったりしますが、普通はこの道をオススメできません。じゃあ、どうすれば?と言われると困るのですが、林道が復旧するまでお預けにするのが正しい答えだと思います。
スポンサーサイト
その12のうpしました。

ニコニコ動画版


YouTube版




今回は四国カルストへの上りです。動画の最後のr383が四国カルストの尾根沿いの道でとても景色が良いので、この道(R440旧道)も尾根へ上がる観光ルートの1つのはずなのですが、動画の2分過ぎのあたりの区間はかなり荒れているのが意外でした。国道指定から外れてしまったので、カーナビではこの道を選ばなくなったのでしょうか?

それにしてもR440は綺麗な道になりましたよね。トンネルを越えた先もR33との合流付近が結構すごかったのですが、今はトンネル+川をまたぐ橋×2で270度ぐるっと回ってR33に下りてくる形になっています。


あ、「改良中の迂回路からトンネルを見てた」地点はココになります。当時は新道を建設中で通行止めとなり、狭い山道が迂回路になっていました。


さて、Google先生ですが、雪に阻まれて以下の地点で恐らく引き返しています。轍の深さがすごいですし、ココからちょっと前に出ると緑一色の画像になりますので。


四国でも雪が降って冬季閉鎖区間があるのは知ってましたが、ここはいつものこと?それともこの時だけ?どちらでしょうね。ちょうど今頃の時期ですけど。。。

さて、次回は尾根沿いの景色の良い道を進む、観光回です。
2015年の旅まとめ動画をうpしました。

ニコニコ動画版


YouTube版




今回で4回めのまとめ動画です。いつものようにちょこっとだけ動画を加工してたりします。

北海道・沖縄と北陸3県は行ってないのを覚えてましたが、徳島も通ってなかったのは気がつきませんでした。
GWは瀬戸中央道で四国に入って松山から四国を脱出、6月はしまなみ海道を往復、12月は淡路島の南端で鳴門のうずしおは見てましたが徳島県側には行ってませんでした。
あ、それで1つ後半に抜けている写真があるのに気付きました。1分35秒あたりの船が浮かんでいる水路は倉敷の美観地区です。

最後のシーン。
フェリーは、松山・小倉フェリー(松山観光港)、天長フェリー(中田港; 熊本県天草市)
ぐるぐるは、牛深ハイヤ大橋(熊本県天草市)、田浦のの字橋(神奈川県横須賀市)
雪道は、R400舟鼻峠付近で、最後はJR只見線の運休区間の駅です。

そろそろ、ぐるぐるも集まってきたので、そのうちフォルダが火を噴くかもしれません。

その11をうpしました。

ニコニコ動画版


YouTube版




迂回の迂回までさせられた2014年に対して2015年はすんなり通れました。
対向車が来たら延々とバックするような狭さでもなく、とんでもないグネグネでもなく、適度な感じでドライブするにはちょうど良い道です。

さて、今回から2014年と2015年ではコースが分かれます。何回か交差するので合流地点まで交互に進んでいきます。
今回の最後の地点が合流地点で次回は2014年側. 標高1000mを超える峠に上がっていきます。
その10をうpしました。

ニコニコ動画版


YouTube版




今回はある意味残念な動画です。撤退するのは当然としても、r2を後から見るとショートカットせずに最後まで行っておけば・・・

このままr2を進んだ時の道の様子:


もう、いろんなトコにストリートビューが入り込みすぎて、Google先生が通ったトコ以外に行ってみたい気分になってきますが、そんなトコってかなり大変/危険なトコしか残っていないような気がします。

さて、今回迂回しようとした林道ですが、当時ホントに迂回路としてこの林道が設定されていました。普通車「以上」ということは、普通車はアウトですよね。軽自動車なら良かったのかな??

そして、林道区間のあのヘアピン、Google map(ゼンリン系)の地図ではちゃんとヘアピンがあるのですが


地理院地図ではまっすぐ。。。


前にもありましたが、こんなに違うのってどういうことでしょうね? 昔はヘアピンではなくまっすぐだったとか??