カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール
ニコニコ動画やYouTubeに酷道の車載動画をうpしている人
E-Mail:drive.junkie@gmail.com
Twitter:@drive_junkie
プロフィールの詳細はこちらのページで!
携帯百景
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
その3をうpしました。

ニコニコ動画版


YouTube版




今回は瀬戸瀬温泉を越える道です。旅の計画をしてるときは瀬戸瀬温泉に寄るつもりでいたのですが、すっかり忘れてました。セトセ温泉ホテルはもちろん宿泊できますが、素泊まりだけのようで食料は持参するのが基本のようです。

このr592ですが、前回のr682と同様に北海道らしい「整備されたダート道」でした。それなりに交通量がある道向けに舗装以外の部分はそれなりに整備された感じです。私の中でこんな道のカテゴリで最もすごいと思ったのは、芦別から美瑛や上富良野にショートカットできるr70です。狭い場所もありますが二車線幅の砂利道区間も多く、普通に車が行き交っています。
r592は交通量としては非常に少ないと思うのですが、r493側になにかあったときに瀬戸瀬温泉が孤立しないように整備しているのかもしれません。

さて、次回が今回のコースの最後、風蓮湖北側の突端へ向かいます。まっ平らな場所なのでそれほど酷くない道なので、ボーナスステージ扱いみたいな感じです。

スポンサーサイト
その2をうpしました。

ニコニコ動画版


YouTube版




今回はチミケップ湖。マイナー過ぎる湖なのですが、それが逆に訪れるポイントなのです。

チミケップ湖へは今回で2回目なのですが、1回目はもうかなり昔のことだったので静かな湖と未舗装の道を走り抜けたことしか覚えてないです。確か南からr682を来て、西へr494で進んだ気がします。
阿寒湖に近いので阿寒・屈斜路・摩周の3湖巡りに+α(刺激を求める)にちょうどいいポジションです。もうちょっと短いけどこちらよりややハードな砂利道のオンネトー湖のr664分断区間もオススメです。

しかし、国土交通省北海道開発局の北海道地区 道路情報によると、今もチミケップ湖から南への向かう2つの道道、そして、この動画より手前にあるr682ダート区間は通行止のようです。

さて、次回は瀬戸瀬温泉を通るr493+r592、白滝周辺の廃止された駅を巡った後にチミケップ湖へ向かう途中、R333+R242をショートカットする道じゃない?(ショートカットしてないし、グネグネしてるし)ということで選びました。あ、r493は普通の道道クオリティなのだとフォローしておきます。
今回は9月に行った北海道・道東のダート道路巡りです。

ニコニコ動画版


YouTube版




今回のコースは道道(北海「道」なので県道ではなく道道)を3箇所と町道(?)を1箇所。連続ではなくバラバラの4箇所になります。

その1は軽めのr1145で、R335にちょっと飽きたので寄り道してみた感じ。ダート道は短く、北海道では貴重な(?)道幅の狭い舗装路があります。ですが、新しい橋を建設中なので、きっと次に訪れる時にはまっすぐな道になっているでしょう。

なお、今回から動画で変わった点が2つあります。
1. 1280x720サイズに調整
 ニコニコ動画のエンコードが変わったので、YouTube, ニコニコ動画共に1280x720の大きさになりました。そのため、冒頭の地図の解像度やテロップの文字サイズが変わってます。この辺の調整と実験をしてたので、前の投稿から時間が少し空いてしまいました。
2. 走行音
 タイヤが変わったのですが結構ロードノイズが大きいみたいです。特に窓を開けてるとかなり音が気になります。2倍速とか3倍速とかにするとこのノイズが高音になるのでさらに気になるのです。。。

次回はチミケップ湖への道です。行きにくい場所でもあるせいか静かな湖で、ケータイも圏外だったりします。
北海道へ来ていますの記事の続きです。

北海道への旅の行程はこんな感じでした。
9/3(土) 秋田
9/4(日) 秋田→大間→函館
9/5(月) 函館→札幌
9/6(火) 札幌→留萌→層雲峡
9/7(水) 層雲峡→知床
9/8(木) 知床→根室
9/9(金) 根室→帯広
9/10(土) 帯広→小樽→
9/11(日) →新潟

前回の記事を書いていたのが旅の終りに近づいた帯広だったので、あまり追加の写真は無いですが、帯広に来る前に能取湖で見たサンゴ草がきれいに赤くなってました。まだちょっと時期が早いかなと思ってましたが、見事に真っ赤でした。
20161001-11.jpg

帰りは小樽→新潟のフェリーで。
20161001-13.jpg

小樽10:30発なので帯広は少し早めの出発です。でも、船に乗ってしまえばゆっくり寝られますからね。
新潟は翌朝6:00着なのでかなり長い船旅ですが、この航路は他の長い航路と比べていろいろと飽きないような工夫しているように思いました。



ここからは廃止された駅についてです。

石北本線 上白滝駅
駅舎が綺麗サッパリなくなってました。Wikipediaによると6月に解体されたようで、駅名標の骨格だけ残っている感じ。
20161001-1.jpg
20161001-2.jpg

石北本線 旧白滝駅
廃止前にいろいろ話題になった駅です。駅舎残ってましたが板張りされてました。
20161001-3.jpg

石北本線 下白滝駅
ここは信号所になった駅。駅の看板は無くなりましたが駅舎は残ってます。ホームの線路側が少し削られたようです。信号所として待ち合わせの列車が停車することもあるからでしょうか。
20161001-4.jpg
20161001-5.jpg

根室本線 花咲駅
ここも駅舎が撤去されました。8月に駅舎が撤去された後、写真にあるプレートが設置されたようです。
20161001-6.jpg



オマケは、次回の動画のタイトル写真?
20161001-12.jpg