カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
ニコニコ動画やYouTubeに酷道の車載動画をうpしている人
E-Mail:drive.junkie@gmail.com
Twitter:@drive_junkie
プロフィールの詳細はこちらのページで!
携帯百景
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
昨晩、とある写真を取ってたらデジカメが・・・
携帯百景(ケイタイヒャッケイ)

電源OFFにしてこの状態だったので、バッテリーを抜きました。
バッテリを挿し直して電源入れたら、とりあえず復活したようですが、なんでしょうね??



さて、今回はタイトルの通りコース6です。コース6’ではなくR1のほうです。
と、コース6のお話の前に、まずはルールの話からですね。

今回のルールとして、一般道のいわゆる有料区間もコース選択から除外しています。
東名高速とかはダメなどの緩いルールにもできたとは思いますが、一概に高速道路と言っても高速自動車国道とか一般国道自動車専用道路とかあまりなじみのない言葉の話になりそうだったので、一番わかりやすい「有料ならダメ」というルールにしました。

高速道路はダメと言ってしまうとちょっと意味があやふやだったりします。
東名高速とか中央高速とかはダメでしょってわかるとは思いますが、微妙な道路がいろいろあるんですね。東京外環自動車道とか、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)とか、京葉道路や千葉東金道路、第三京浜道路とか。あと、首都高速もですね。今回は通らないとは思いますが京滋バイパスや関門橋も・・・
つまり、ルールとして、
 「高速自動車国道はダメ」→高速自動車国道ってどれとどれだっけ?よくわかんないや
 「んと、じゃあ、それにプラスして首都高とか圏央道とかはダメ」→ルールが複雑になる(1行で書けなくなる)
ということで、それなら「有料ならダメ」にしちゃえ、と。

ところが「有料ならダメ」としたときに最も影響を受けるのがコース6です。

大きな地図で見る
横浜新道、新湘南バイパス、西湘バイパス、箱根新道を通ると、静岡県の沼津市に着くのがR246経由と互角か、よりストップ数が少ないかな?と考えています。
静岡県内のR1バイパスのように無料開放されないのでしょうかね?
せめて、小田原ぐらいまで行ってくれれば形になりそうだったのですが、距離を稼げそうなのが藤沢バイパスだけだったのが痛かったです。

有料ならダメとしたときに首都高速以外で他のコースで影響があるとすればコース1の京葉道路だけですね。他のコースは有料のバイパスはありません。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する