FC2ブログ
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール
ニコニコ動画やYouTubeに酷道の車載動画をうpしている人
E-Mail:drive.junkie@gmail.com
Twitter:@drive_junkie
プロフィールの詳細はこちらのページで!
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
昨日のことですが、その22をうpしました。
今回はr41の迂回なのでかなりgdgdです。

ニコニコ動画版


YouTube版




前回最後の「地理院地図推し」ルートの左の道ですが、道路右側の白赤のポールとその後ろの植生は
youtube21.jpg

以前は無かったものですね。


実は以前、酷ラリ1号で1.5m幅迂回のため、この「地理院地図推し」ルートを通り抜けたことがあります。
とてつもなく狭かったですが、このようなものがない時期で、規制区間を抜けて先に続くr41の酷道区間を堪能しました。


ところで、仕方なく迂回したr622の30km/h制限ですが
最初に見つけた標識はこの場所になります。


そして、「ストリートビューで確認した」とテロップを入れた次の標識はこの場所。本編では草木が伸びすぎてて標識が認識できないレベル。


この先も新しい30km/h規制の標識があるので道を広げたあとも規制は続いているのでしょうけど、道路改良で「ここから」制限の標識が失われてそのままというのはちょっと。。。ですね。

スポンサーサイト



ちょっと遅くなってしまいましたが、新年の最初の投稿をしました。

ニコニコ動画版


YouTube版





今回は少しワープして大分r41に入ります。
ワープ区間にはR326旧道, r35, r706などの誘惑があるのですが、時間の関係でワープしました。

また動画で触れた、橋の上のr693(↓は下に見える道が通ったr57). どうしてこんなルートなのかわからない県道になってますね。先に進むとr26旧道の情報が残る青看も出てきますし。


さて、本題の大分r41です。
幅1.5m区間は恐らくあの自主規制地点から↓の場所になります。ここは逆方向に幅1.5mの看板がある場所で、さらに、この先は1本道なので。



なお、↑の写真で左奥側に進む道が、「地理院地図が推すr41」です。
↓の地理院地図で中央右側にある黄色のルートが「地理院地図が推すr41」。そして中央左側にあるルートが「現地ヘキサが推すr41」です。そして↑の写真は2つのルートが合流する地点にあります。



もう、この区間はいろいろネタすぎて大変です。。。

さて、次回は自主規制としてr41の1.5m区間を迂回. r622を進みます。あ、またワープするかも。


年末ギリギリになってしまいましたが、その20をうpしました。

ニコニコ動画版


YouTube版





対向車と離合した直後に、まさかのパトロール車!!
崖下のほうを見ていたようなので、(崖ギリギリではなく)道の真ん中に止めているのはわからないでもないですが、大胆ですよね(^^;

寄り道地点の「ととろ」ですが、最初は何気なくr6を通ったときに見つけたのが始まりで、この辺を通るときの定番寄り道ポイントになりました。
なお、ストリートビューを見ると移設以前のバス停を見ることができます(道路右側の駐車場の奥が移設先)。川の上に建物がある点も見どころの1つでした。


さて、次回は少しワープして次の県道へ進みます。r45もすごかったですが、同じ40番台の県道です。

その19をうpしました。

ニコニコ動画版


YouTube版


迂回しようとした林道がまさかの通行止。事前に情報が入手できなかったのは、林道を管理するのが国土交通省系ではなく農林水産省系な点の落とし穴ですね。。。仕方なくまっすぐ進みましたが頭はほぼ真っ白になってます。
一旦車を止めて冷静になってコースを検討すること10分ほど。寄り道+r45を通りつつ迂回による遅延を回復するため、最終的にR326でワープする道を選びました。高千穂でお昼なので、この先少なくとも2つはクリアしないといけない険道を考えると日没が厳しくなってくるのです。

大分r45はとっても好きな道だったりします。距離は短いながらも、ストレートはあるし狭くて急坂で荒れてて。近くを通ったら必ず寄る道です。

とはいえr45を通るのは久しぶり。ビックリしたのはやっぱりコミュニティバスのバス停があったこと。


2009年の映像ではもちろんバス停はありません。その後、住んでいる人がいればバス停を作る的な感じで路線設定をしたのかな、と思います。まぁ、運行は「予約に応じて」なので、ここまで来ることはあまりないと思いますけど。

さて、次回はr45を越え、寄り道地点に着きます。

ブログの更新ができてなかったので、まとめてその17,18の報告です。

その17
ニコニコ動画版


YouTube版


その18
ニコニコ動画版


YouTube版




その17は大分県に入ってひたすらr7を下っていきます。鉱山跡まで来ると結構人が住んでそうな雰囲気ですがほとんど住んでないようです。以前の映像と比較すると家がまるごと無くなっていたり、前は住んでたのに今は住んでなさそうに見える家があったりしますよね。
でも、バス停は以前の↓木製のものから新しくなったようです。



あと、当然ではあるのですが、ヘリの着陸地点は航空写真でもバッチリ見えます。年代が経つと紋章になったりしないですかね。



その18はのんびりと迂回するつもりでしたが、r688が意外に強敵でした。
狭くなって最初に橋を左折する時点で大変な道に来ちゃったなと感じましたが、謎のクネクネ2車線区間など変化がありすぎですよね。

なお、r688に出る手前、立派な林道が終わるトコを左折するとこんな場所に出ます。
見えてる橋はNo.2の出会橋、そして通っている橋がNo.1の轟橋です。下から見上げてみたいですね。


さて、次回は『迂回の迂回』に入ります。諦めても良かったのですが、やっぱりこの先の目的地には行きたくて、さらに険道を進みます。

10/20(日)のことになりますが、その16をうpしました。

ニコニコ動画版


YouTube版




やっと宮崎県を抜けることができました。宮崎県内は大型車と絡むことがとても多かったですね。

さて、r7の県境へ上る区間ですが


地理院地図の1974~1978年の空中写真を見ると道が見えないので、この後に作られたもののようです。結構若い道になるのですが、いつごろ作られたのでしょうね?

さて、本編のほうを進めたいと思います。
ということで、その15をうpしました。

ニコニコ動画版


YouTube版




まずは、8ヶ月も投稿が空いてしまってごめんなさい。
多忙な点はあまり変わってないのですけど、計画的に編集作業を進めていきたいと思っています。

後半戦の最初はr7で宮崎県から大分県へ県境を越えるのですが、r7は途中まで整備された道が続きます。
↓このあたりまでは2車線(一部センターラインが無い部分が今もあると思いますが)。

この先もセンターラインは無くてもそれなりに広い道が続くので、岩戸川の対岸を通るr204,r207を選びました。

その対岸ルートですが、r237からr204に入ってトンネルが続く区間がすごいですね。よくこんなトコに道を作ったなぁ、と。
ちなみに、4つあるトンネルのうち真ん中の2つ(大平第1,第2)は他の2つより後にできたようです。
↓それまでは崖の上に迂回していたみたいですね。


さて、次回は少し戻って対岸に渡り、r7で県境を目指します。

前回からずいぶんと間がありましたが、その14を投稿しました。
その12,13のブログ記事を書いてないのですが、仕切り直しでその14から。

ニコニコ動画版


YouTube版


副業のほうがとても忙しくなってしまいなかなか動画編集もできず、旅行にも行けない状態がこの数ヶ月続いています。
まだまだこの状態は続きそうですが、投稿が1ヶ月以上空くと失踪(疾走?)扱いされそうでなんとかですねぇ...

今回は(前回もですが)ミスコース多発です。日之影町~高千穂町の区間は人が住んでいる区域内ですし事前にあまり調べずに適当に行っても大丈夫じゃないかと思って油断していました。最初にr205のミスコースをしたときに慎重になるべきでしたよね。。。
いずれにせよ、サムネール画像の通り今回もノルマを達成したクロネコさん。出会うと離合が大変なのに、なぜかこんな場所で出会うとホッとするんですよね~

ちなみに、動画内で触れている旧R218のr237分断区間。この先に椎谷隧道があるのですが、コンクリートで埋められているそうです。


さて、今回から当初予定コース(宮崎・大分r6)を迂回するコースに入ります。r7を本コースにすればいいんじゃない?と思うかもしれませんが、この先にあるバス停に寄り道したいとか、どうしてもコースに入れたい道があるとか... ちょっとこだわりがありました。そして、r7で迂回して大分県に入ったあとr6へ戻るための近道を選択するのですが・・・!?

その11を投稿しました。

ニコニコ動画版


YouTube版


とても長かったr142を大型車を避けながらなんとか抜けてホッとしたのも、つかの間。3つ目の時間規制にかかりました。
でも、このストップは想定していたものです。計画からかなり余裕を持ったスケジュールに設定していて、2つ目の時間規制を通過以降に特に何もなかった(?)ので早着になりました。(変なトコで何台も連なった車列同士が出会うと、離合に数十分とかですねぇ..)

普段の開通待ちシーンは車外に地図を持ち出してこの先のコースを確認してたりしますが、今回はトンネルの中なので車内でそっとコースの確認... やっぱりカサカサとうごめいている音が入っちゃってますね。。。

さて、次回はついに椎葉村を抜けて前半戦が終了、次の険道を目指します。あ、距離的にはまだ半分まで来てません。

その10をうpしました。
っと、その9のうpをブログに書いていなかったことに気づいたので、その9もです。

ニコニコ動画版




YouTube版




その9,10の2回に渡って宮崎r142でした。サムネイル画像の通り、対向車がですね。。。
宮崎r142はホントに長かったです。峠から下りてくると後半ひたすらハンドルを切り返すだけの道なのが厳しいですね。逆方向に走ったほうが後半に刺激があって良いかもしれません。

その1で宮崎駅を真っ暗なうちに出発したのは、その9の時間規制を抜けるためでした。不土野峠を8:25頃に通過するために逆算して出発時刻を決めたのです。そして、何かのアクシデントで8:55までに不土野峠を抜けられず2番目の規制で止められてしまうと、次回に通る3番目の規制で更に止められることになるので...
なお、その10の途中で時間規制区間の追加予告がありましたが、仮にこの規制区間を規制開始前に通過しようとすると、不土野峠をさらに25-30分早く抜ける必要があります。

さて、ようやく椎葉村の中心に着きました。ここから先はめぼしい県道が無くて国道を20kmほど走りますが... やっぱり椎葉村でした。
次のページ