カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール
ニコニコ動画やYouTubeに酷道の車載動画をうpしている人
E-Mail:drive.junkie@gmail.com
Twitter:@drive_junkie
プロフィールの詳細はこちらのページで!
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
その5をうpしました。

ニコニコ動画版


YouTube版


今回は何の変哲も無い普通に峠を越える広い道のはずでしたが、意図的に段差が設けられた走りにくい道でした。
バックミラーの映像を見るとトンネル付近の段差の無い部分でドリフトしていたタイヤ痕が見えるのでドリフト族対策なのだと思いますけど、ここまで段差をつけている「国道」は少ないかと。

終盤にミスコースしてr428/r521に入っちゃってるのは、完全に油断してました。
近くに小学校・中学校があるので、子供が道を横断するのを補助する人が交差点に立っていて、「あの車、さっきも通らなかったっけ?」みたいな怪しい目で見られているかもと気になったり... take2で間違えずに進んだときにはパトカーが来てたので、特に気になりました。
スポンサーサイト
2018.2.24 第20回春の車載オフ in 浜名湖の受付が始まりました。

今回は2/24(土)-25(日)に浜松のいつもの場所での開催で、なんとかギリギリ酒部屋へのエントリーを済ませました。


特に「酷ラリ2号」で初参加になるので、ちょっと恥ずかしいというか照れくさいというか。。。
いまのところ車種はナイショで車載オフで初お披露目にしようと思ってますが、同時に酷ラリ1号/2号の動画をうpしたいと考えています。だいたいの筋書きはもうできてますが制作はこれからなので、もしかしたら本編「酷ラリ」の投稿が遅れてしまうかもしれません。まぁ、旅に行ったので既に1週間空いちゃってますけど。。。

今回も「車載クルーズ」を企画する予定です。いつものように開催当日午前の自由時間にゆるーく、車、バイク、自転車、車載の機材などを見て回るツアーです。あ、確か前回は、次回から車が変わってしまうという理由で主催者特権で酷ラリ1号を最初に見たのでした。

このブログを書いてる時、外は雪なのですが、当日は天気が良いといいですね(フラグ?)

先週末は山陰へ旅してました。

広島まで鉄路。レンタカーを借りてぐるっと1周です。



お目当ては冬の石見銀山。当日は、数日前からの大雪で大変な感じ。

駐車場のある石見銀山公園。ここで周辺の地図などをゲットできます。
DSC08593x.jpg

周辺の古い町並みを見るのも車を停めるのに良い場所ですが、当時の坑道に潜れる「龍源寺間歩」まで一番近い駐車場になります。とはいえ、ここから龍源寺間歩まで片道2.3km. 奥まで除雪はされていないので、途中から車の通った後の轍を歩くことに。。。

地図左下の「龍(竜?)源寺間歩」が目的地。右上の「羅漢寺」の文字の北にある道のそばに石見銀山公園があります。


行きはメインルートではなく川の反対側を通る道(車の轍もなく足が全部埋まる以上の雪道区間があったり)を歩いたりして片道1時間・・・やっと龍源寺間歩に着いたのでした。

DSC08597x.jpg

DSC08604x.jpg

DSC08609x.jpg

旧坑は立って歩くには微妙な高さの場所があって、気にしないと頭をぶつけそうです。
横に掘れていくのは鉱脈を追った後が多く、また大きいのは湧き出た水を汲み上げるためのスペースとして掘られたものだったようです。

そんな龍源寺間歩までざくざく歩くなど、ひたすら雪道を3時間ぐらい歩いていたような気がします。龍源寺間歩往復で2時間。古い町並みでもう1時間、みたいな。雪が無ければ所要時間は短いと思いますが、逆にこの時期を狙って行ったので、(観光客も少なくて)とっても満足でした。

さて、ここからは石見銀山への道中の話です。行きはこの3月に廃止が決定しているJR三江線沿線へ。









宇都井駅って結構山奥にありますね。。。駅前へ向かう県道はそれぞれ、それなりに狭い区間があります。
また大雪で運休のため、ホーム上から線路が見えないレベル。駅のホームも膝上までの積雪があって、とても歩けるものでは無かったです。ただ、宇都井駅へ上る階段はそれなりに安全でした。吹き込んできた雪などですべる感じも(特に下りで)ありますが、ホーム上のように靴が雪で埋まるようなことは無さそうです。

そして帰りはJR木次線沿線。

日登駅の北側の山へ駆け上がるとある、奥出雲ワイナリー
DSC08636x.jpg

おろちのグルグルも通りましたが映像は動画向けのため省略(^^;
そして、備後落合駅。14:43発の列車は車を停める前まで見えてたのですが、車を駅前に停めて機材を持ち出して外へ!・・・って時には既に発車した後でした...



帰りは広島からまっすぐ新幹線・・・は、つまらないので、名古屋で新幹線を降りて特急しなの。
DSC08650x.jpg

そして、塩尻から特急あずさ(新型のE353系)で新宿まで戻ってきました。(写真は列車を降りた後の新宿駅)
DSC08653x.jpg

オマケとして、行き/帰りの列車の速度をスマホのGPSロガーアプリで採取したデータです。

行きの「のぞみ7号」。名古屋周辺の大雪で三河安城~新大阪が徐行運転。京都(というか野洲付近)を越えたら雪はなかったのですが、列車の先頭部分の雪かきをしたのが新大阪駅だった(アナウンスがあって、雪かきのために少し遅れる、と)ので、そんな理由で新大阪まで徐行運転の対象になっていたのでしょうか?



帰りは3つ。まずは「のぞみ4号」(広島→名古屋)、京都~岐阜羽島(垂井駅付近)で速度制限がありましたが、そこから名古屋まで285km/hを出しているようで(普段は270km/hで早朝・深夜や特別に設定した列車だけ285km/hだったような?)、名古屋駅でも遅れは4分だけでした。
20180128-1.jpg

名古屋→塩尻の「しなの9号」 遅延している新幹線との接続を取って4分遅れで出発。塩尻着は1分遅れ。こうやって見ると南木曽までほぼ100km/h以上、110,120,130km/hで走っている区間が多いですね。結構きつそうなカーブも速度を落とさずに走っていく感じでした。
20180128-2.jpg

「あずさ18号」塩尻→日野(操作を間違って日野駅付近でロガーを停止してしまった・・・)
しなのに比べて速度が全体的に少し低いのがもったいないところですが、線形が厳しいのでしょうかねぇ。。。ちなみに下諏訪は対向列車との待ち合わせによるもので乗り降りはできず(運転停車)、塩崎駅は駅周辺の工事のための徐行運転でしょうか。
あ、列車に遅延はなく普通に走っていたダイヤです
20180128-3.jpg

以上、かなり満足した旅でした。
それにしても、大雪でそれぞれ一部運休区間がある、三江線、木次線。いつ頃復旧になるのでしょうかね?

“山陰へ”の続きを表示する
その4をうpしました。

ニコニコ動画版


YouTube版


寄り道が終わってR429に復帰。でも、(優雅なので)R429にあまり見どころが無く、多々良木ダムコースにアシストしていただきました。あ、R429トレースコース、多々良木ダムコース、r526コースとありますが、初見で通るならやっぱりR429トレースでしょうか。道は広めですがグネグネな道なので、走りごたえはあるのです。

最後の神子畑選鉱所~明延鉱山の鉄道ですが、明延鉱山がこの位置。



神子畑選鉱所はここから山を越えて右下(南東)にあります。よくこんなトコにトンネル掘って鉄道を敷いたなぁと思いましたが、今は明延まで八鹿駅からバスで1時間強、鉱石を運んだりするには最短距離でトンネルを掘るほうが良かったのでしょうね。



その3をうpしました。

ニコニコ動画版


YouTube版


急坂の青垣峠を上りきった後は比較的穏やかな道が続くR429。なので、刺激が欲しくて黒川ダム方面へ。
林道の急坂を駆け上がるシーンでバックミラーがある通り、1年前にあの急坂を恐る恐る下ってきていました。
青垣峠から東側への下りは2速のエンジンブレーキでたまにブレーキ踏みつつで良いのですが、この急坂は1速でも加速していってしまう非常に厳しい坂でした。
それから、黒川温泉が気になりますよね。もっと時間に余裕を持って、寄り道しながらドライブできればいいのですが、だいたいR429を通る時って忙しないんですよね。。。

次のページ